So-net無料ブログ作成
検索選択

「阪神:藤浪選手の成人式」と「奥州市の成人式」 [みんなうすうす気づいている]

昨日(12日)は、全国で成人式が行われたようです。

ニュースが伝える成人式の話題にはそれぞれの思いをお持ちなのでしょうが、私は、

阪神:藤浪晋太郎投手の成人式

岩手県奥州市の成人式

がとても印象に残りました。


プロ野球阪神タイガースの若きエースである藤浪投手は、
「身の引き締まる思い。子どもに夢を与えられるよう一プロ野球選手として、一大人として頑張っていきたい」と誓いを立てた。
(2015.1.12 日本経済新聞Web)

と。。。。。

とくに、この歳で「子どもに夢を与えられる」などとは考えたこともありませんでした。

ぜひともそういう選手に育ってください。


岩手県奥州市の成人式は、日本ハムファイターズの大谷翔平選手が出席したこともあり一躍マスコミで話題になったようですが、この町の成人式では、家族の方(特にお父さんお母さん)が手紙を朗読するという趣向があったようです
式典の後に行われた記念行事では「家族からの手紙、20歳からの手紙」と題し、父母や祖父母などから新成人に対して手紙を朗読。愛情のこもったメッセージに、会場は感動に包まれました。
(奥州市ホームページより)

「娘に生まれてくれてありがとう」

と言った親からの感謝の気持ちが伝えられるのです。

受け止め方はいろいろあるのかもしれませんが、「親が子に感謝する」なんてなかなかいいのではないでしょうか。。。。。

家族からの手紙、20歳からの手紙」。式典後の記念行事で、家族から子へ思いの詰まった手紙が読み上げられ、会場全体が愛情に満ちた暖かな雰囲気に包まれた。手紙に目を通し涙をみせる新成人も。父母らの激励の言葉を胸に、大人への一歩を踏み出した。
(胆江日日新聞 15.1.12)

CIMG2112②.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る