So-net無料ブログ作成

下手な「うそ」 [どう受け止めたらいいのか]

世の中には「下手なうそ」をつく人もたまにあるようですが、こと「政治家」となるともう少し「上手なうそ」「調子のいいうそ」をおつきになるものだと思っていました


野党からの集中砲火を受けている稲田大臣については、政治家にしては珍しく「うそ」が下手なようです。

安倍首相後継などとマスコミでは喧伝されましたが、どうしてこうも答弁が下手なのでしょう。
「弁護士」というご経歴から見ても、
もう少し「事実を潰し」こんで、「婉曲」とか「玉虫色」のお話ができないものなのでしょうか?

発言があまりにも無謀・雑な気がします。
特に「公判」に出廷したことが記憶になかったにしても、どうして調べもしないで即答なさったのでしょう

こんな調子だから「有象無象」の人たちが声をかけやすいのかもしれません。


片や、渦中の理事長は稀代まれな「調子のいいうそ」屋さんのようです。


国や地方公共団体のお役人様の中にも、この一連の問題については「歯切れの悪いうそ」が蔓延しているのかもしれません。

多くの登場人物のこの歯切れの悪さはなぜなのでしょうね。


忘れていましたが、お一方だけは「ことの重大性」をご理解なさっていないご様子も見て取れます。


「イケイケ」の時代には見過ごされていたことでも、こういう「歩みののろい」時代には、将来が見渡せる「賢い」政治家に登場していただきたいものです


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る