So-net無料ブログ作成
検索選択

それでも「野党」には頑張ってもらいたい [少し政治的な話を。。。。]

断っておきますが、私は特に支持する政党はありません。
与党にも野党にもその主義・主張あるいは行動には「へー!」というようなことは多々あります。


最近、
〇「森友」ばかりやるな
〇「加計」はどこに問題があるのか
〇優先すべき「法案」審議があるはず
等々の批判もよく見聞きします。


しかし、
・「憲法改正」をしなくてもいいと思っている人には「憲法改正の議論は重要ではありません」。
・いわゆる「共謀罪法案」は不要だと思っている人には「共謀罪法案の審議は重要ではありません」。
などと考えるのは乱暴かもしれませんが、

〇「森友のようなやり方」で行政が行われているかもしれない。
〇優先順位の基準は政党に寄り違う。
〇今の政党別国会議員数を考えたら多くの法案は成立してしまう。

と考えたら、「民進党」や「共産党」の議員の皆さんにはがんばっていただきたいと思う次第です。

過去の失敗や不正が政治や行政への抑止力になったということもあります。
もし野党を笑う人がいたとしたら、「政治の失敗」を笑う権利はないはずです。

ただ、「反対のための反対」とか「重箱の隅の足の天ぷらばかりを見るばかりで大海や未来を忘れる」ことのないようにお願いしたいものです。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る