So-net無料ブログ作成

夏のフィナーレ「スーパーよさこい」 [旅紀行・県民性の謎]

「あーぁ 夏が終わる」と感じる時というのがありますね。
子どもの頃であれば「夏休みが終わる」「二学期の始業式」などがそうでした。

最近では、「布団がほしいかな」とタオルケットから「布団」に変わる時とか。。。。

P8300415-01.JPG


昨日(30日)は、表参道(原宿)で「スーパーよさこい」(原宿表参道元気祭り)を楽しんできました。
※歩道に立って見てるだけですが。。。。。

P8300486-01.JPG

真夏の高知に赴任した時、大興奮したのがこの「よさこい」でした。

帯筋(帯屋町筋)を舞う踊り子さんの飛び散る汗に大興奮してしまいました。

P8300397-01.JPG


本家高知の「よさこい」は真夏の「お祭り、札幌の「よさこいソーラン」は客の少ない6月の「演舞」と私は区別しています。

P8300439-01.JPG

[るんるん]ヨッチョレ ヨッチョレ ヨッチョレヨ

高知の城下へ来てみいや(ソレ)

じんまも ばんばも よう踊る

鳴子両手に よう踊る よう踊る

この歌が聞こえると小躍りしてしまいます。

P8300535-01.JPG 
  

※「言うたち いかんちや おらんくの 池にゃ  潮吹く 魚が 泳ぎよる」のくだりはまさしく高知らしいです。





「大阪維新の会」のまたかよ (「言葉の遊び」政治はやめよう) [少し政治的な話を。。。。]


ここのところ関西地区で二つの有名な組織の分裂騒ぎが勃発しました。

一つは論ずる立場にないので置いておくとして、もう一つの「大阪維新」問題は少し考えなければいけません。


地盤沈下する大阪のうめき声」と見るのか?

大阪発日本を守るとの産声と見るのか?


この話には気を付けなければいけないことがあります。

1.日本の政治家は地方出身者が多く、実は地方の声が反映しやすい仕組みであること。

~東京で政治をやっているように見えますが、議員の皆さんは地方を地盤となさる方が多いのも実情です。


2.「大阪都構想」が尾を引いているようですが、「都」にしなくてもできることを優先すべきです。

~知事も市長もとても仲がいいのですから、「都」にするまでもなく、「今でしょ!」と事実上の合流をなさればいいのではないでしょうか?


3.なぜ「大阪」なのですか?

~地方の多くの方の目は、「地方創生」中の地元皇居のある東京です。
日本の「核」を変えるのに、「大阪」である必要はありません。

線路も空路も東京に向かっています。

いろいろな力関係を分散することが必要だとしたら、

「琵琶湖周辺」に「第二国会議事堂をつくり、

①一年のうち夏場は「第二国会議事堂」で国会を開催する

②災害時等の避難場所とする

等の方が先なのではないでしょうか?


政治の禁じ手は「言葉の遊びではないでしょうか!!!!


P8080046-01.JPG




お客様から見た職場の「肩書き」 [仕事についてのエトセトラ]

名刺や名札を見ると、「主任」とか「〇〇長」とか「☓☓マネジャー」とかいろいろなことが書いてあります。

この「肩書き」については、社内事情や制度もあるのかもしれないのですが、

お客様は、

「肩書き」のある人は責任が重い

「肩書き」のある人はその仕事について詳しい

などと見てしまいます。


特にショップの店員さんなどにはそういう「詳しさ」を求めたくなります。


「肩書き」のあるみなさん!

そういう自覚はありますか・・・・・・?

P8080051-01.JPG

「コーヒーに砂糖はいれますか?」 (基本は変わらない) [ご商売の無駄話(beni色のessay)]

コーヒーに砂糖を入れますか

コーヒーについている砂糖は何グラムですか

少し考えてみてください。


時々、こんな風に考えることがあります。
世の中は変わったというけど、そんなに大きくは変わっていない
変化は緩やかにやってくる
結果からみれば、ある日突然変化していた
と。。。。


昔々、昭和50年ごろのことです
コーヒーを喫茶店で飲むと、必ずペットシュガーというのがついてきました。
グラニュー糖が小さな袋に入っていたのです。
縦横が3センチ×5センチくらいの透明な袋です。
高級ホテルなどでは上品な白い紙の袋のこともありました。

それ以前には、
角砂糖であったり、シュガーポットが置いてありました。
シュガーポットから砂糖をスプーンで取り出す時も、「お砂糖は何個ですか。。。。」などと上品におっしゃる方もいらっしゃいました。

このペットシュガーも、今では、スティックタイプのものに置き換わっています
おそらく、この長方形のペットシュガーも、
①破きそこなってテーブルの上に砂糖をまき散らす方が多かったからでしょうか
②あるいは、コーヒーカップの中に砂糖を流し込みにくかったからでしょうか
そういう苦情を工夫してスティック型になったのでしょうね。

さてさて、このペットシュガーも、時代の流れとともに、内容量が変化していったようです。
今から40年くらい前の昭和50年ごろは10グラムだったはずです。
そして、
10gから8gへ
 8gから6gへ
 6gから4gへ
 4gから3gへ
ついには2gというものもできたようです。

最近では、3~4gのものが一般的なようです。

コーヒーに砂糖はいれない
とか
コーヒーの砂糖は半分しかいれない
という人もあるかもしれませんが、
砂糖の内容量が変化しても「半分の人は」相変わらず半分のままでした。

このコーヒーと砂糖の話で何かお気づきになりませんか?
40年くらいの間に、コーヒーに入れる砂糖の量は、次第に少なくなってきましたが、「コーヒーに塩を入れて」お飲みになる方はお見かけしません

つまり、変化したといっても、緩やかに変化は起きるのであって、突然、今までとは違うものに変わっているわけではないのではないか!!
ということを、私はコーヒーには砂糖の理論」と呼んでいます

微妙な変化がやがて大きな変化になるかもしれないという予兆になるのかもしれませんが、
今ならまだ間に合う変化が多いのかもしれません。

変わった」ということや人が多いようですが、その変化は意外にもゆっくりなのです

こういう変化を、
①放置しておくのか?
②うまくつかむのか?
そういう検討も必要なのです。

ただ、「基本は大きくは変わらない」ということが大前提です。

最近、「コーヒーに塩を入れて飲むと美味しい」などと何かの番組でやっていたような気もします。
大変化が来るのでしょうか。。。。。。

P8080048-01.JPG

たまには「保険」のことを考えてみる [保険の話]

昨日(150826)の朝刊のトップの見出しは「生命保険」の話でした。

せっかくの機会ですから、「保険」の話をしてみましょう。
企業なら保険料の損金算入など税金の問題もいろいろありますが、私の経験に照らしながら、普通のサラリーマン向けにお話ししましょう。
「保険」のセールスを受けたり「保険の見直し」を感じたら、こんな話をいわゆる「保険屋」さんになさってみてはいかがでしょうか?
なお、保険を考えるにあったては、

①保障内容 (どんな時にもらえるか)
②「受取人は誰なのか?」 (もらう人のこと)
③保険料の負担 (保険料が払えるか)

という三つの切り口があります。
※「貯蓄性」などというのは後で考えましょう。


そして、保険には、三つの種類があります。

①第一分野と呼ばれる「生命保険
・いわゆる「死亡保障」というものです。
・形式としては、お尻を決めておく「定期保険」と生涯保障という「終身保険」があります。
 多くの保険がこの組み合わせで作られているケースが多いようです。
・受取人は「ご遺族」です。

②第二分野と呼ばれる「損害保険
・事故が起きた時に支払われる性格のものです。
「ホールインワン」も保険業界では「事故」と呼ばれます。
・具体的には自動車保険や火災保険や賠償保険などが該当します。
・受取人は「被害者」です。
 
③第三分野と呼ばれる「医療保険」、「介護保険」です
・病気になった時の医療費支援のための保険です。
・代表的なものに「がん保険」というのがあります。
・受取人は「あなたご自身」です。



若い頃は、

「もし万一不測の事態になったら、家族のために!」ということで、「生命保険」に目が行きがちでした。

もっと言えば、そういう雰囲気のなかで「とりあえず、保険に入っておこう!」という意識が強く働きます。

「まさかの時のために」といいつつ、「とりあえず」だった方も多いはずです。


お子様が成長され、就職して自活されるようになると、
「家族のため」というニーズは薄れてきます。
ただし、「保険をやめたそばから、もし必要になったらどうしよう?」という不安が持ち上がってきます。

でも、ご心配することなかれ、ご家族(=ご遺族)は、すでに自活されていますから。。。。。
しいて言えば、「奥様のことが気がかりで。。。。」という愛情が頭の中をよぎります。

その時は
①「パートに出ていただくもよし」
②「少しは貯まった預金を取り崩すもよし」
③そうこうしているうちに「年金の受給時期」がやってきます。

どうしてもご不安な方は、「年金受給時期」を終期とした生命保険にお入りになっておけばよいことです。


少しだけ生命保険をお残しになり「これが葬式代」と笑って話される方も数多くいらっしゃいますが、
ご預金があれば、わざわざ生命保険に頼ることも必要ありません。

そんなに派手なお葬式をしなければ済むことです。

使途自由な「定期預金」のほうが使い勝手がいいものです。

あえて言えば、
①相続税支払いのためにキャッシュが必要
②資産を特定家族に残したい(名宛して残す)
という方には、生命保険はお薦めです。


熟年になった皆様に、保険についてのメッセージを贈るとしたら、

子育てが終わったら生命保険(死亡保険)は不要

「とりあえず」から「生活・人生の応援団」(コスト)へ

ということでしょうか。。。。。。


それから「損害保険」も昨今は特に重要性が叫ばれるようになりました。

車を持ったら必ず「自動車保険」に!
・「対人」「対物」は「無制限」になさっていますか?
~鉄道事故を想定するといいそうです。事故を起こしたら「破産」ということのないように。。。。

家を持ったら必ず「火災保険」に!
・「自分は火事は出さない」と言っても、類焼(もらい火)ということも考えられます。
住宅ローンのある人は必ずセットされているはずです。

なにかと「訴訟」の時代です
・「個人賠償」保険には必ず入っておきましょう。
単独で入らなくても「火災保険」「自動車保険」にセットすることができます。
年間保険料は家族型でもとても安いものです。
「自転車で云々」というようなことも多いですからこれは必要です。
・ご商売をなさっている方なら「施設賠償」などという保険も必要です。
「お店でお客さんが転んでケガをした」ということもあるものです。

CMに踊らされてしまうのが「医療保険」です
・国の「高額療養費制度」というものもありますから、必ずしも必要ではないと言っても過言でもありませんが、「安心して治療を受けられる」という妙な安心感もあります。
最近では「入院日数は減った」「さびしい個室を避ける方も増えました」ので入院費は必ずしも多くはないとも言えます。


こんな話をしていると、
「保険屋さんのために働いている」わけじゃないやい!
素人のお前に言われる筋合いではない!
とお叱りを受けそうですね。


ここのところ私の身の回りで「保険」に助けてもらったことが多かったことから、少し私の持論を述べさせてもらいました。

また、「保険屋さん保険コンサルタントさんも意外と知らない」ということもあったりするかもしれません。「こんな考え方もある」ということで「保険を考えるとき」のご参考にしてください

「いつ入ればいいのか?」とか「契約者変更」等々テクニカルな話もありますが、その話はまたの機会に。。。。。

保険会社の利益、保険会社の人のお給料を考えると、それにしても「保険料」は高い!

P8080049-01.JPG

「昔話法廷」(NHK Eテレ)と「鬼退治」 [旅紀行・県民性の謎]

一昨日(24日)の「Yahoo!ニュース」に

オオカミ殺害のこぶたを裁く Eテレのシュールな「昔話法廷」が話題に

[本]http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150824-00000009-ykf-ent

という記事が出ていました。


「なかなか面白そうだ」とNHKのホームページに当たったところ、すべてが動画に収録されていました。

「昔話法廷」

[本]http://www.nhk.or.jp/sougou/houtei/


確かに傑作です。



昔、あるお子さんが、「ウサギとカメ」の話で、「どうしてカメさんは、ウサギさんを起こしてあげなかったの?」と言ったという話がよみがえってきました


実は、この夏は、高知の足摺岬まで行ってきました。

「牛鬼」のふるさと「宇和島」まで足を延ばしてもいいかなと思ったからです。

※途中でめげた軟弱者ですが。。。。。

P8090146.JPG


牛鬼」とか、桃太郎に出てくる「赤鬼」や「青鬼」というのは「南蛮人」(欧州人)のことで、

・日本人に比べると体躯が大きい
・髪の色が「赤」「茶」「青」「金」「銀」などいろいろ
・先進的な武器を持っている

等々からきていて、日本人社会にうまく融合していったのではないかということを確かめに行きたかったからです

※私のいとこは、身長195㎝のアメリカ人男性と結婚しているのですが、彼が来日した時、ちっちゃな甥は大泣きしました。


みなさんのお住まいの地域に伝わる昔話や伝説などもいろいろな見方や考え方があるのではないかと思います。



宅配ドライバーが見た今の景気 [みんなうすうす気づいている]



昨日(24日)、わが家に来た宅配便のドライバー氏に聞いてみました。

「景気はどう?」

と。。。。。。

いわば、街角景気チェックです。


彼曰く、「絶好調です」と。。。。



彼の話では、

やはり配送荷物は多い

〇ただし、個人の荷動きはよくない

〇今は「通販の荷物がとても多い

と。
車の中を覗きこむと、確かに「通販ショップ」の名前の箱も見えました。

※1ダースの日本酒のケースもありましたが、お酒屋さんのご用命とか。


「モノの動き」や「段ボール箱の製造状況」などは景気占いの一つの指標でもあります。

昨日の日経平均は大幅に下げましたが(前日比▲895.15)、株を保有していない身には関係はありません
また、株式の相場つきで景気の良しあしを語る方もいらっしゃいますが、テクニカル運用の発達や地政学リスクや国際的政治のニュースに一時的に振らされることも多く、昔のように「株式相場で長期的な実体経済を占える」とも言えなくなりました

アベノミクスの今までの最大の特長が「円安政策」と「物価上昇」であったことから、この円高(120円を切りました)はどう影響しますでしょうか?
原油価格なども下がっていますから、所得の少ない者や年金生活者には少しありがたいかも

国家の税収等々マクロ(全体)で見たらどうなりますことやら。
円高基調が続くとインバウンド(外国人旅行者)の数は少し減るかな。。。。。?

P8080050-01.JPG

もし原監督があなたの上司なら。。。(原監督の用兵の不可思議) [仕事についてのエトセトラ]


もし、あなたの上司が、

「〇〇君はすごく優秀だ。彼に大事な仕事を期待したい。」と言いまわっておきながら、〇〇君の成績がなかなか上がらなかったり、ミスが目立ったら、「無視したり」「懲罰的な人事をする」

ような方だったら、あなたは安心して仕事ができますか?

過大な期待をされるのも困るし、即対応が変わるのも、やはりいやなものではないでしょうか。。。。。



私は巨人(ジャイアンツ)ファンなので、時には球場に行ったり、BSのテレビ中継を見たり、ラジオを聞いたり、ネットの速報を見たりと、野球のある日は心中穏やかではありません。
そして勝って優勝することとともに「美しく勝つ」ことを祈る毎日です。


ここ数年、特に去年、今年の原監督の用兵には素朴に疑問を感じています。

サラリーマンなら上司にしたくないようなタイプです。


各選手も人の子ですから、得手不得手、体調の良しあし、相手との相性等々が絶えずあります。

にもかかわらず、ここのところ、

〇選手起用

〇選手の評価

〇選手への期待

〇打順の組み方

等々、特に人的な部分において、さっぱり理由のわからない扱いが続いています。

これでは、

①選手もどういうスタンスで臨めばいいのか?

②キャンプや二軍生活ではどこを鍛えればいいのか?

皆目見当がつかなくなってしまうのではないでしょうか?

「なにくそ!」と思う前に「くさってしまう」ような人事です。


去年もひどかったですが、今年はさらにひどくなっています。

人気球団なだけに選手も勘違いすることもあると思いますが、上司がこれでは「選手も立ち位置がよくわからない」というのが実情ではないでしょうか!


「管理職」というサラリーマン諸氏におかれましては、原監督の用兵を見ながら他山の石となさるのもよいのではないでしょうか!

P8080053-01.JPG







「バスタオル」は何日で変えますか? [小さな親切、余計なお世話]


先日のこと、あるテレビ番組で

バスタオルは何日使って洗濯するか?」

ということが話題になっていました。


それなりに人気のある芸能人でも2~3日が一般的のようでした


わが家の場合は、「1回毎に変える」というのが普通になっています。

「バスマット」も一人づつ変える。。。。。。


どういう意味があるのかないのかよくはわかりませんが、まさに「人それぞれ」「家それぞれ状態なのかもしれません。


「ギフトカタログ」をいただいた時には、「バスタオル」を選ぶこともよくありますし、返事を出さないでいると「バスタオル」が送られてきたりすると、「ちょうどよかった」ということもありがちです。

みなさんのお宅ではいかがでしょうか?

「神経質」とみるか「きたない」とみるか?

でも、濡れたタオルでもう一度身体を拭きたくないし、少しにおうのもいやかも。。。

P8080056-01.JPG


「カーナビ」にハンズフリーとかのサービスは不要 [小さな親切、余計なお世話]


今春、車を変えました。

その時少し気になったのがカーナビです。

ずいぶん高機能になりました。
地図による案内だけではなく、

〇携帯電話のハンズフリー
〇オンライン接続
〇オペレーターサービス
〇緊急時の連絡
〇施設検索

等々、本体が持つネットワーク、あるいはスマホとの連携によるサービスなど車の運転には必要ない機能がてんこ盛りです。

まず、携帯電話のハンズフリー機能が本当に必要なのでしょうか?
それどころか、安全運転のためには不要なものだと思います。

次に、オンライン検索も必要でしょうか?
たとえば、「今営業中のレストランは」とナビに話しかければ調べてくれるようです。
そんなリッチな生活などしたいとも思いません。

そして「緊急時の連絡」も不要かもしれません。
今は携帯やスマホが発達していますから、「110」「109」「JAF」を直接呼んだ方が早いかもしれません。
たしか、「110」に電話をかけたら、位置情報システムで警察も位置を特定するはずです。

私は、「地図の更新くらいしかニーズはありませんがなんだか余計なものがいっぱいです


最悪なのは、販売店の担当者ですら「よくわかっていない」ということです。
彼自身、「使ってない」「必要ではない」ことから、どうもわかりが悪いようです。

車を買い替えて半年経ってようやくセッティングが終わりました。

そもそもディラーさん(販売店)側の間違いがあったり、ネットのセッティングが難しかったり(特に言葉がよくわかりません)、不要なものをセットすることが空しく思えたり。。。。。


安全に走る」というのが車の最大のテーマです
「余計なもの」「不要なもの」をつけて価格を上げるのをやめていただきたいです。

「車」は高額な買い物です。
よく理解して買わないと、無用な長物に高額を払うことも起きてしまうかもしれません


P8080057-01.JPG





新幹線:隣に乗ると嫌な客 [無駄の効用かやっぱり無駄か]


最近、新幹線に乗った時のことです。
ふと考えてしまいました。

「こういう客が隣の席に乗ると嫌だな」

と。。。。

P7310512-01.JPG


たとえば、

①頭をよく掻く人
②鼻くそをほじくる人
③汗臭い・酒臭い・タバコ臭い人

④スマホをいじりまわっている人
⑤パソコンを一所懸命打っている人

⑥トイレに行きたい時の「あうん」がわからない人
⑦いきなり電源コードを出してきて隣席のコンセントにつなぐ人
⑧荷物棚の荷物を無造作に置く人

⑨日差しもないのに「カーテン」を閉める人
⑩出入りの多い人
⑪ごみを残していく人


・・・・女性の立場から見れば「感じの悪い人」みたいなのも入るのでしょうか。。。。


長旅があまりにも暇なので、ふと考えてしまいました。

P7310511-01.JPG



「シーン消費」 [感覚的消費論]

「ご商売をなさっている方」や「起業をしようとしている人」などとお話しする時、その意気込みに戸惑うことが時々あります

それは「売り手」の側の「よかれ」ばかりで、「買い手」の側の「よかれ」が軽視されているような気がするときです。


買い手」にとっての

ニーズ(必要性)
興奮とか感動
それを買った後の様子の絵

が浮かんでこないのです。

昭和60年に発表された「感性消費 理性消費」(電通マーケティング戦略研究会編)には、

消費者が選択するのは、ものそれ自体ではなく、デザインやネーミングも含めた商品の意味、さらにそのモノが使用されるシーンTPO(タイム、プレイス、オケージョン)である。」

と指摘してありました。


例えば、家庭で使うコーヒーカップを思い浮かべてください。

かつては、
隣が持ってる
「ない」から「ほしい」
ということで、「5客のお揃い」を求めたものです。


ところが、今では、
そのコーヒーカップを使う姿
・・・夫婦で楽しむ時、友人を呼んでおしゃべりをする時、、、、というように、使っている姿を意識しながら外国製のコーヒーカップを(1客だけ)購入したりすることもよくあるものです。


あるいは、「時計」や「スーツ」などに顕著なように、もはや「一張羅」という言葉は死語となり、複数持つことも一般的になりました。


結婚式の「引き出物」や「香典返し」を思い浮かべてください。

かつては、
〇やかん
〇折り畳みの傘
〇シーツ
〇コーヒーカップや湯飲み茶わんのセット
などが多かったようです。

今から思えば、「そんなものが。。。」というようなものでした。
それでも「いただいた人」は喜んだものでした。

なぜかというと「なかった」からです
「欲しかった」ものがこういう機会に手に入ったのです

それが「ギフトカタログ」になり、今では「ギフトカタログもいらない」という具合になってしまいました。


今は、ないから」とか「ほしいから」とか「いいものだから」という理由では「なかなかものは売れない」かもしれません

たいていの「もの」が家にはあります。
質感を意識しなければ、「100円ショップ」に行けば、ほぼなんでもあります


おそらく、今の時代の「買い手のキーワード」は、

予算が許す範囲で、

手に入れた(買った)後、それを使う姿を思い浮かべることができるかどうか

そして、

その思い浮かべたシーンに感動・興奮できるかどうか

・・・自らが主役の映画やテレビドラマの1シーンのように思い浮かぶ。。。

なのではないでしょうか。。。。


皆さんはいかがですか?

先日のこと、(まげわっぱ用の)上質な薄板でできた「ちりとり」を見せてもらいました。

おつくりになった方々は「これならどうだ!」状態です。


でも、「そんな上品な『ちりとり』を使って掃除をするシーンが思い浮かびません

※「汚したり、水に濡れたりしたらどうだろう?」などと不安が先に立ってしまいます。


必要性(ニーズ)はお考えになっていますか?」と返すのが精一杯でした。



そして、これを作った人は「商売志向」なのか「芸術志向」なのかと聞いてみました。

お答えは。。。。。。。


30年前に指摘された「シーン消費」という言葉は、消費者の頭の中には今でも根強く残っているのではないでしょうか!


P8150273②.jpg


「Windows10」をDLしてみる [みんなうすうす気づいている]


皆さんは「Windows10」に変えられましたか?


今まで「8.1」を使っていたのですが、使い勝手の悪さには本当に辟易していたところでした。

7月末に公開された「Windows10」については、不安も手伝って少し様子を見ていました。
でも、特に悪い評判もないようですし、「8.1」の使いにくさが何とかなるかもしれないと思い、ついに昨日「10」をDLしてみました。

まだ使いこなせていませんが、「8.1」の時のような「画面の軽さ」「画面のふわふわ感」がなくなり入力が安定してきました。

「ほっ」です。

「Windows7」と比べてどちらがいいのかまではよくわかりませんが。。。。
「8.1」なら「10」のほうがいいような気がします。

※「7」ならもう少し様子を見てもいいかもしれません。評判が固まるまでは、慌てて「10」に変えることもないと思います。

P8090110②.jpg

「清宮」の魅力 [みんなうすうす気づいている]

今年の高校野球は面白いですね。

特に、早実の「清宮」選手の「わくわく感」には脱帽です。


ラジオのあるコメンテーターの意見と重なるところもありますが、

①試合ごとにうまくなる

~西東京予選の時から見ていますが、確かに打球も態度もレベルアップしています。


②クマの「プーさん」のような愛らしさ

~イケメンではないほうがなんだか応援しやすいのかも


③インタビューの応答が「大人」

~プロ野球の「ヒーローインタビュー」が稚拙に思えてしまいます。


④家族の「幸福」ネームの不思議

~三代にわたり、名前に「幸」と「福」が織り込まれている。

おばぁちゃんも、お母さんも「幸」ネームなのが不思議です。


⑤「オコエ」選手や「山本」選手など才能に恵まれた一緒懸命派が多い

~どの試合を見ても「いい選手」がいて、「贔屓」が分かれるのも面白いものです。
これも「清宮効果」かも。。。。。



等々、野球ファンとしては、サッカーに逃げている素質ある少年が野球に戻って来ることを切に願う次第です



P8090123②.jpg



「工場の標語」はどんなのかな? [仕事についてのエトセトラ]

工場にはどんな標語が掲げられているのでしょうか?

これを銀行員に聞くと、

「挨拶をしよう」

などと答える人がかなりいます。

いわば「CS病」です。


では、正解はどうでしょう。。。。

私の知る限りでは、

安全第一

整理整頓

ではないでしょうか。。。。。?


工場には機械が多かったり、熱い火花が飛んだり、そもそも高温であったり、化学物質があったりと「命」抜きでは前に進めません。


だから「安全第一」なのです。


工場では「動線」が命です。
作業進路に邪魔があったら、効率的な作業もできません。けつまづいたらケガのもとです。

機械や容器や製造工程に「ほこり」や「ちり」があったら、純度や精度に影響が出る可能性があります。

また、道具や工具を探していたら仕事になりません。


だから「整理整頓」なのです。



これ以外のものは「おまけ」です。

さてさて、あなたの現場はいかがでしょうか。。。。?


P8090105②.jpg


「議論ぐせ」をつけよう [無駄の効用かやっぱり無駄か]

私の経験からすると、「企業を創業された成功者」はとてもよくお話をなさいました。

時間があると、「ああだ、こうだ」と技術的な話から政治・経済そして教育…と幅広くお話をなさいます。

おそらく、話しているうちに自分のお考えを微妙に修正しながら自分のお考えを確固たるものにしていくそういうことの繰り返しをなさっていたようです。


特徴的なのは、

原理原則や基本を外さない

※「ブレない」方が多く、議論に安心感があります。

持論は明確にしている

※「自分はこう思う」がはっきりしており、「自分の考え」を確かめることをなさっているようです。また「わからないから聞く」という謙虚さもお持ちです。

「誰の意見・誰の考え」なのか忘れない

※「意見ソース」を間違えると、やはり信用を失ってしまいます。

「意見を持たない人」とは話そうとしない

※「聞き上手」「話を聞いてくれる」ということを議論の前提にあげる識者もいらしゃいますが、そもそも「意見・考え」があるのか?と言う点がポイントです。
「あなたはどう思う?」という「振り」がうまいのは事実です。

「わからないこと」を明確にしている

※「迷うこと」「わからないこと」があるから議論は中身が濃くなるのです。

「人の話」を自分の言動に役立たせようとしている

※せっかく時間をかけたのですから、この議論の結果をとても大切にされます。


ということがいえます。


ここのところ、

〇安保法案

〇景気

〇戦後70年

〇新国立競技場

等々、マスコミ的には議論のネタが尽きませんが、「お考えを明確になさっていますか?」


「人それぞれ」「いろいろな考えがある」では、結論は出ません。

※「教室」の中ではそれでもいいのですが。。。。。


昨夜(15日)、NHKのラジオ番組で、

戦後70年「みんな、戦争のこと、知ってる?」

という番組がありました。

※2015年8月15日(土)午後10:10~午後11:00


おもしろかったのは、

〇「開戦日、原爆投下日、終戦日等を知らない人が多い」

※「パールハーバー」という言葉は出なかったですねぇ

〇「戦争になった原因がわからない」人がたくさんいるし、「教えてもらっていない」

〇若い人ほど、「武力行使」に否定的


ということが議論されていたことです。

「戦後70年」もたてば、

・そもそも知らない

・そもそも教えてもらっていない

・そもそも忘れた

・そもそもよく知っている人がお亡くなりになっている

こういう背景を踏まえた「今後の在り方も必要かな」と思った次第です。


ただ、議論があるからこそこういう話も分かって来るのでしょう。。。。




P8150280②.jpg



「課題遂行能力」「課題発見能力」「課題解決能力」・・・ナンバー2に求められること [仕事についてのエトセトラ]


先日、もとの部下から、「サービス残業がやまない」という話を聞きました。

この「コンプライアンス全盛」の時代に「まだサービス残業かよ」と思わずにはいられませんでした。


彼女の上司にはその後出世した者も多く、この光景を見続けてきたはずです。

支店長が気づけば問題はないのですが、やはりNO2クラスの管理職の仕事です。

彼らには、

高い「課題遂行能力」はおおかた備わっていますが、「課題発見能力」には個人差がかなりあるようです。

「ことが起きてから問題解決」を図るのでは遅すぎることは儘あることです。

「課題解決」は比較的簡単ですが、優れた管理職には、この「課題発見能力」こそ何にもまして重要です。


「課題がわかる」からこそ「戦術」や「戦略」もわくものです。

彼女の場合、「酒量が増えている」のが気にかかります。


おそらく同僚は「彼女は好きでやっている」「要領が悪い」等々、そのうち「四面楚歌」にもなりかねません。

さて、管理職君、気がつきますでしょうか。。。。。


P8090099②.jpg







犬も「パスポート」が必要らしい [旅紀行・県民性の謎]


近所の奥さんが犬の散歩をなさっていたのご挨拶をしていたら長話に。。。。。
「ご主人の具合」を話したあとは、パリに住むお嬢さんの話からお孫さんの話へと。。。

今はネットが発達したので、小学生のお孫さんともよく話すとか。


話しているうちに「犬」君の話になり、

この犬もフランスに住んでいたのですよ

帰国した時日本において帰ったけど、和式の生活にすっかり慣れている

パスポートが見つからなくなっていたけど、小学生の孫娘がネットを駆使して探してくれた(作り直した?)」

「やはりフランス語で鳴くのですか?」と聞くと、

日本語で鳴く」とのことでした。



犬もパスポートが必要」との新しい知識が増えました。


P8090097②.jpg


「ふるさと帰省割引」って作りませんか・・・JR・自治体様 [無駄の効用かやっぱり無駄か]


何かのTV番組で今年のお盆休みは「車」での移動が多いと。。。。。

確かに「車」は、便利ですし、人数が多い時は割安でもあります

でも、どうでしょう。。。。

車で帰省したお子さん家族を見送るとき、見送りの親御さんは、

「また来てね」
運転気をつけてね

などとおっしゃっるのではないかと思います。


これが鉄道なら、

「また来てね」
元気でね

等々と「道中の安全を祈る」言葉はなかったと思います。

汽車や電車の中で親子がはしゃぎながら旅するのもいいものです



しかし、鉄道は費用が掛かるのかも。。。。!

でも、
〇実家に帰れば、おじいちゃんの軽があるので、大人数は乗れないものの買い物くらいには行けます。
〇「車」だとお土産もたくさん必要だったりします。
・・・・帰りの土産も増えてしまいます。
〇田舎にレンタカーがあれば必要な時だけ借りればいいかもしれません。



もし、鉄道に「帰省割引」というのがあったらどうなるのでしょうか?

「帰省割引」の内容はこんなものでいかがでしょう。

自由席特急券に一定の割引を行う
~ただし、お正月、GW、お盆、連休、週末などは割引率を変動させる。

「帰省」の認定は、実家やお墓や戸籍のある自治体、固定資産税を払っている自治体が「証明パス」を発行する
~有効期間は2年間程度。「家族パス」も発行する。

〇「割引」は「切符」購入時に「証明パス」の提示が必要。


帰省割引」のメリットは、

〇どんなにお金持ちでも「割引」されると「悪い気はしない」

帰省のインセンティブ(動機づけ)になる

〇「」「空き家」「田畑」「山林」「お墓」等々の様子見のため帰省したい人はたくさんいる。こういう人たちを地方に呼び戻すことに資する

〇方々、「高齢者」の家族確認や「空き家」「空き地」の管理者確認に資する。
~マイナンバー制度とドッキングすればかなり強力です。

観光客を呼ぶよりもお手軽
~交流人口の増加は別に観光客でなくてもいいはずです。
 

観光客を呼び寄せるのもいいのですが、お子さん家族が頻繁に帰ってきてくれることのほうが「嬉しい」という親御さんは多いはずです

P8090073②.jpg

私の小さな「地方貢献」 [無駄の効用かやっぱり無駄か]

ところで、「携帯電話はどこで申し込んで(買って)いますか?」
ここから先は、この問題を考えながらお読みください。

P8070034②.jpg

地方貢献」と言えば思い浮かぶのが「ふるさと納税」でしょうか。。。。
でも、「そんなに税金納めてないし」とか「見返りにほしいものがない」という声が聞こえてくるかもしれません。

私も「『ふるさと納税』には魅力を感じていない」一人です。
事情はといえば、
そんなに税金を納めていない
・・・納めたくても納めるほど所得がないのです
何に使われているのかよくわからない
・・・事情を知るだけに危うさを感じます
記念品に魅力を感じない
・・・どうせなら「牛肉」か「フルーツ」が好きです


でも、私なりに、できる限りの「地方貢献」をやっています。


たとえば、

1.携帯電話は、初めて買った時から「高知にある代理店」を通じて申し込んでいます。

たしか1998年頃に個人用を買いましたから、かれこれ15年以上にはなります。
その後「家族用」を増やし、「機種変更」をしてもずーっと高知のこの代理店にお世話になっています。
高知に住んだのはたったの2年間でしたが、このお店の会社にはずいぶんお世話になりました。住んでいたマンションのオーナーだったこともあります。
おかげさまで高知を楽しませていただきました

ご存じのように、代理店には手数料が入りますから、「どこの代理店でお世話になるのか」というのも大きな問題です

東京の携帯ショップやネットである程度機種を決めたうえで、この高知のお店に申込むのです。申し込んだ翌日には宅急便で現物が送られてきますから特に問題もありません。

特につながりのないショップでお申し込まれるのなら、ぜひとも、あなたの思い入れのある地域のお店でお申込みください。


2.火災保険や医療保険は「地方の代理店」を使っています。

ご存じのとおり「火災保険」や「自動車保険」や「医療保険」は代理店制度が採用されています。

保険は、どこで申し込んでも同一商品です。まして割引などは法律で禁じられています。
また、給付等のサービスは保険会社のコールセンターで事が済みますからどこで申し込んでも困ることはありません

私の場合は、
東京にある「自宅」は地方の保険代理店を使っています
もともと東京の代理店で申し込んでいましたが、更新の時に「地方の代理店」で同じような商品を申し込みました
「長期契約」にしていますのでその後のやり取りはありません

②「医療保険」は、すでに入っている保険の「代理店変更」を行い「地方の代理店」の取扱いにしました。代理店の同意さえあれば簡単に変更できますので皆さんもご一考ください。

取扱い代理店には手数料が入りますので、「地方にコンスタントにお金を落としている」と言っても過言ではありません。

ただ、「自動車保険」は諸事情からネットにしてしまいました。


「ふるさと納税はしない(できない)」けど、「ふるさと(地方)の企業に貢献する」ということは誰にでもできます。


ふるさと(地方)の企業」を使えば、

営業手間がかからない貢献(労せずしての顧客獲得です)
ふるさと(地方)の雇用も増える
③ひょっとしたら、ふるさとの納税が増える
かもしれません。

もし、お盆休みに帰省なさったら、そういうことも考えてみてください。
帰省なさらない方でも、「ネットで探す」とか「保険会社に確認する」等して地元の代理店を探してください。
今、お住いの地域やお取引なさっているお店に「お義理」がないのなら、こういう「ふるさと貢献」もあるのではないでしょうか。。。。。

食べ物のように「好みが左右する商品」と違い、「保険」や「携帯電話」は全国同一価格ですからぜひ考えてみてください

P8070035②.jpg



高知の喫茶店のモーニングセット事情 [旅紀行・県民性の謎]

高知に赴任した時、同僚から、

①とにかく「暑さ」が違います。
②高知はトマトがうまい。皮は堅いけどね。
③「酒」は大変ですよ。お酒飲めますか?「深夜」まで飲み会が続きますよ。

④「喫茶店」が多いんですよ。
⑤高知のニワトリは空を飛ぶけど、から揚げがうまい。
(「トサジロー」のことです)
⑥「焼肉」がうまい。
⑦「お米」がいい香りがする。
 (「かおり米」のことです)

などと説明を受けました。
仕事の話は一切なく、なんだかパラダイス状態です。

ところで、喫茶店といえば「名古屋」や「岐阜」のモーニングサービスが全国的には有名ですが、高知のモーニングサービスもなかなかのものです。

喫茶店が多いことに加え、週末ともなれば「家族で朝食を楽しむ」お客様も多いようです。

「働く女性が多いから」という話もありますが、「これで儲かるのかなぁ!」と心配してしまうほどのメニューです。
新聞や週刊誌もたくさん置いてありますから、本当にお得感があります。

今回は「セルフィーユ」という豪華なお店に行きました。
まるでレストランのようです。
※レストランが「モーニングサービス」をやっているのかも。。。。

「店構え」は郊外型レストランです。
P8080043.JPG


お店の中は
P8080041②.jpg
P8080040.JPG


メニューは
P8080038②.jpgP8080039②.jpg

ホットサンド 500円
トースト 480円
ホットケーキ 540円
ワッフル 580円
サンドイッチ 500円
和定食セット 600円

これらに、ドリンクバーとサラダバーが付いていました。
ちなみにトーストは「厚切りこんがり」系でとてもおいしかったです。


レジには、
P8080042②.jpg


という具合でした。

おそるべし高知。。。。。

炎天の高知に遊ぶ [旅紀行・県民性の謎]

高知では「日に焼ける」ことを「焦げる」と言います。

そのくらい心地よく暑い夏を楽しむことができます。


高知ファンの私はこの週末は「土佐路の旅」を楽しんできました。



ずいぶん道路事情もよくなりました。

「東京ナンバー」も増えています。
遠いところなので「わ」ナンバーも増えています。


昨夜(9日)は、花火大会と「よさこい」の前夜祭でしたが、足摺岬へ。。。。
P8090129.JPG




花火を見るよりも夕日に見とれてしまいました。
P8090176.JPG


前日(8日)には室戸岬(台風13号の影響で少し白波が。。。)に行きましたから、二つの岬を制覇です。
P8080072.JPG

でも、せっかく室戸岬まで行くのなら、近くの北川村の「モネの庭」がやはりお薦めです。
P8080055.JPG

この時期は「睡蓮」が見事です。

「食」はと言えば、もちろん「鰹のたたき」です。
スライスしたニンニクを挟んで食べるとなんだか元気をもらうようです。
P8090079.JPGP8090083.JPG

「海」よし、「山」よし、「川」よし、「祭り」よし、「食」よし、「人情」よし。。。。
何から何まで最高です。


夏休みのご計画がまだの方は「土佐路」の旅がお薦めです


そうそう、早くも稲刈りが始まっていました。
P8090104.JPG





成功した企業トップの15か条(27年夏チェック) [成功した企業トップの15か条]


夏休みです。
気分転換もいいですね。
そして「仕事のやり方」についてのチェックをするチャンスでもあります。

    ・・・・・・・・・・・・・・・

今までに、本当にたくさんの企業経営者にお会いしました。

①一代で企業経営に成功した人
②その成功を持続・発展させている人
③あるいは倒産させてしまった人
いろんな経営者がいらっしゃいましたが、

成功した(あるいは成功している)トップには、不思議なことに必ず共通することがあります。
最近は、こういう人たちの厳しい仕事の取り組み方があまり話題にはならない時代になってしまったかのようです。
でも、基本は変わらないはずです。


①『情熱家』であること(一所懸命・一生懸命)
②『こだわりを持っている』こと(目標が明確、方法論は柔軟)
③『せっかち』であること(クイックレスポンス)

④『マーケットの向こう側から見る』こと(現場主義)
⑤『負けず嫌い』であること(なにくそ)
⑥『教育の大切さを知っている』こと(人材の育成)

⑦『自らがやる』こと(率先垂範・まめ)
⑧『細かい』こと(緻密)
⑨『くどい』こと(凡事徹底)

⑩『声が大きくおしゃべり』なこと(やかましい)
⑪『ケチ』であること(数字に明るい・節約)
⑫『工夫屋』であること(創意)

⑬『貪欲』であること(根気強い・粘り強い・チャレンジ精神)
⑭『好奇心旺盛』なこと(高い関心)
⑮『ストイック』であること(精進)

皆さんはいかがでしたか?
皆さんがご存知の経営者の方はいかがですか?

サラリーマンでも出世した(する)人には当てはまるはずです。


もし皆さんのまわりに倒産しそうなあるいは倒産した企業があったのなら思い浮かべて見ましょう。

世の中にはリーダーになるためのhow to をよく見かけますが、
こういう切り口で企業とか組織をごらんになったいかがでしょうか?
もちろん自らのことも。。。。。
皆さんの働き方のご参考になれば幸いです。

P8060028②.jpg


地方創生に「大学」を使わない手はない [小さな親切、余計なお世話]

「地方創生」と言われ始めてから時間もたちますが、その後どうなっているのでしょうか。。。?

「知恵をだせ」などと意味不明なことが口癖の大臣もいらっしゃいますが、

よくよく考えると「地方創生」という言葉そのものすらわかっていないことに気が付きました。


もし、「地方創生」という意味が、「地域の活性化」ということもあるのだとしたら、

各県に一つはある「国立大学」をキーにするのが得策ではないでしょうか!

理由はと言うと、

①かつては「駅弁大学」と要されたように、各都道府県には一つ以上は優れた総合大学があること

②この「総合大学」には、必ず若者がいること(かつ、続くこと)

③「知識」や「実験」や「技術」のほうこであること

④「医学部」(大学病院)もあるなど、スパンが広いこと

⑤そもそも「大学の活性化」も求められていること

などがあげられます。

チャンスです。


「大学」を活かさない手はありません。


P8050025②.jpg




「非戦・不戦の誓い」と「核兵器廃絶の願い」 [少し政治的な話を。。。。]

「安らかに眠って下さい 過ちは繰返しませぬから」

これは、広島平和都市記念碑(原爆死没者慰霊碑)の碑文です。

広島市のホームページによれば、

この碑文の趣旨は、原子爆弾の犠牲者は、単に一国一民族の犠牲者ではなく、人類全体の平和のいしずえとなって祀られており、その原爆の犠牲者に対して反核の平和を誓うのは、全世界の人々でなくてはならないというものです。

碑文は すべての人びとが 原爆犠牲者の冥福を祈り 戦争という過ちを再び繰り返さないことを誓う言葉である 過去の悲しみに耐え 憎しみを乗り越えて 全人類の共存と繁栄を願い 真の世界平和の実現を祈念するヒロシマの心がここに刻まれている

と。。。。。


先ごろNHKが発表した世論調査によれば、

広島と長崎に原爆が投下された日付について聞いたところ、正しく答えられなかった人がそれぞれ全国で7割程度

広島に原爆が投下された日付について聞いたところ、「昭和20年8月6日」と正しく答えられた人は、広島で69%、長崎で50%、全国で30%でした。

長崎に原爆が投下された日付について聞いたところ、「昭和20年8月9日」と正しく答えられた人は、広島で54%、長崎で59%、全国で26%でした。

〇「アメリカが原爆を投下したことについて現在、どう考えていますか」と聞いたところ、
・「今でも許せない」と答えた人は、広島で43%、長崎で46%、全国で49%でした。
・「やむを得なかった」と答えた人は、広島で44%、長崎で41%、全国で40%で、広島では、ごく僅かですが、数字の上では「やむを得なかった」と答えた人が、「許せない」と答えた人を上回りました。

〇「近い将来、世界のどこかで核戦争が起きる危険があると思いますか」と尋ねたところ、「かなりある」または「少しある」と答えた人は、広島で70%、長崎で70%、全国で66%でした。

と。。。。。

※「NHK世論調査 原爆投下日を7割が不正解」(2015年8月3日)より抜粋
 サンプル数:全国の20歳以上の男女約1000人

私などは20回、30回・・・・と時を刻んできましたが、確かに70年前のことですから、若い人達の関心からは薄れて行ってしまっているのかもしれません。

また、ブログなどを拝見していると、

〇原爆投下命令にサインした大統領のセリフであるべき

〇アメリカ自体が裁かれるべき

〇アメリカに自国を守って貰い、被占領期の憲法を保守する矛盾と皮肉、全く独立国の体をなしていません

というようなコメントもありました。


いろいろと受け止め方はあるのかもしれませんが、やはり、

〇「非戦・不戦の誓い

〇「核兵器廃絶の願い

こそ、被爆国日本に課せられた責務だと思います


豊かで平和な毎日は、この大きな犠牲抜きには語れないかもしれません


ニュースの中で、「死体の上を歩いた」「母親を自ら焼いた」等々の被爆者のお言葉に返す言葉が見つかりません。

P8040529②.jpg






「真似たか真似てないか」ではなく「似ているか似ていないか」 [無駄の効用かやっぱり無駄か]

東京東京オリンピックのエンブレムのデザインの盗用問題が浮上してしまいました。
なんでもベルギーの劇場のロゴデザインに似ているとか。。。。。

「商標登録」などに詳しくないので、正確性を欠くかと思いますが、
素朴に思うのは、

「真似たか真似ていないか」どうかではなく「似ているか似ていないか」

ということです。


〇「商標登録されていない」からいい

とか

〇「真似ていない」のでいい

という解釈があるようですが、

決着のつけ方次第では、よくある隣国の例を非難できなくなってしまいますね。

合理的な、だれにもよくわかる説明が必要かもしれません。


なんだか、「ケチがつきまくり」ですね。。。。。

P8050024②.jpg

このエンブレムも、発表された当初は「少し重たいかな」とも思いましたが、
見慣れてくると「着物テイスト」かなとも。。。。



「暴言議員」の地元での評価は? [少し政治的な話を。。。。]

「安保法制」の議論の中で、ここのところ少し違和感のある発言をなさる国会議員の方が目立ちますね。

こういう議員も選挙を通じた方なのですから、相応に地元では評価されているはずでしょう


「言論は自由」というものの、もう少し「聡明な」物言いというのもあるのではないかと思います。

「率直な意見を歓迎」したいものの、「率直」というよりはあまりにも「配慮のない」(別の言い方をすると「頭の悪い」)発言には少しうんざりです。


P8040527②.jpg


ご商売がうまくいかない方への役に立たない無駄話 [ご商売の無駄話(beni色のessay)]

アベノミクスで株価も上がる中、「商売はイマイチ」という方も中にはいらっしゃるのではないかと拝察いたします。

売り上げのあまり上がらない8月ですから、少し考えてみませんか?


ご商売をなさる上で、

1.「意識」はいかがですか?

 「死に物狂い」で働いていますか?
ありがちなのは、「方法論」の議論に偏りがちなことです。


2.商品・サービスに「必要性」はありますか?

 「いらないものは売れない」のです。


3.商売・サービスの完成度はいかがですか?

 「中途半端なものはいらない」のです。


夏休みを利用して検証してみてください。


もし、該当事項があったのなら、

1.私のブログの最初のほうを読み返してみてください。

昔々、「成功した企業トップ」の立ち位置について書かせていただきました。


2.「必要性」に疑問を持ったら、

「必要性」を高めてください。

「何かが変わればなにかが変わる」ということがわかるまで考えたり、人に聞いたりしてみてください。
「身内」の方ほど本当のことを教えてくれます。


3.「完成度」が低いのなら、

「完成度」を高めてください。

「完成度」についてはお客様がよくご存じのはずです。



P7310518②.jpg




夏休み:都会の人が地方に行ったら考えなければいけないこと [みんなうすうす気づいている]

いよいよ夏休み本番です。

ある人は親御さんのもとへ、
ある人はお墓参りに
ある人は気分転換に
ある人は避暑に。。。。

まぁ、目的はいろいろあるのでしょうが、ぜひ、そして、少しだけ見てきてほしいのです。


この地方選出の国会議員は誰なのか?
彼らはどんなお仕事をなさっているのか?
そこの首長はどんな人でどんな仕事ぶりなのか?

そして、「地方創生」問題はどのように受け止められているのか?

等々。。。。。


「せっかくの夏休みに堅苦しいことを言うなよ!」

とおっしゃる皆さんは、

日頃、「税金」「年金」「国債」「国家財政」「アベノミクス」とかに関心はお持ちではないですか?


オリンピックに伴い「新国立競技場」の問題がクローズアップされました。

金額の多寡はあるものの、地方を都会の人の目で見ておかないと、地方も自立できないし、また、税金の無駄のようなことも厳然と行われているはずです。

少しはそういうことに怒りをぶつけてみませんか

※「八ッ場ダム」とかどうなっているのでしょうか。。。。


将来が「堅苦しい」世の中になりませんように。。。。。


P7310511②.jpg




無理やり「楽しいこと」を見つけようとしていませんか。。。。 [小さな親切、余計なお世話]

昨夜は、NHK:Eテレ「人生デザイン U-29スペシャル『僕らの世代 僕らの仕事』」(2015年8月1日(土)午後10:00~午後10:50)を見てしまいました。


私のような「おっさん期後半」のものから見れば、今の若者が「わざわざ楽しいことを探している」 ように見えてしまいました


かつてなら「燃える」というような言葉で青春が語られていたのに、そこを隠して「楽しい」という言葉に置き換えようとしているような気がしました



いろいろな考え方や人生もあるのかもしれませんが、「何か微妙に違う」という気がしました。

NHKは「誰に」「何を」「どう」伝えたかったのだろうか。。。。。

とふと思う。


苦労を克服するという伝え方は古いのでしょうか

なんだかわくわくしないな


P7310512②.jpg


メッセージを送る