So-net無料ブログ作成
検索選択

孫が「役場に入ること」を望むおばあちゃん [どう受け止めたらいいのか]

ある田舎町で、農作業をなさっていたおばあちゃんと話す機会がありました。

田舎町いちばんの課題は、「働く場所がない」ということだそうです。


おそらく「失業者が多い」という意味ではなく、

〇安定している

プライドをくすぐる

〇比較的仕事が楽

〇待遇(給料、退職金、年金休暇等々)がよい

職場がないということのようです。


その結果、田舎町では「役場が最高の職場」であるという結論のようです。


孫が町役場に就職してくれたら、地元で3世代同居になり、家族の不満は減るとも。

「役場に就職するため勉強しなさい」と日頃言っているとか。



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

「良心市のお金」をとらないで。。。 [どう受け止めたらいいのか]


田舎村のおばあちゃんが当惑しながら怒っていました。


道路の脇でやっている「良心市」(作った野菜などを無人で売っているもの)の「お金ボックスを壊しお金を盗る人がいる」と。。。。。

一度は犯人と遭遇したとも。

ただ、犯人を追及するほどの腕っぷしもないことからなすすべもないとのこと。


ミニパトの巡回などによる「抑止効果」を高めることを訴えてみたら。。。

アドバイスしたのですが、あれ以来やっていない(店を出していない)様子です。


盗られたのは、このおばあちゃんだけではなく、仲間も被害にあっているようです。



「お賽銭泥棒」にも似たところもありますが、そこまでしないといけない世の中だと思うと悲しいですね。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

「保育園落ちた」と「必要は発明の母」 [どう受け止めたらいいのか]


私の好きな言葉に「必要は発明の母」というのがあります。


必要性が理解されるとうまく行きやすい」ということも多いはずです。



ところで、『保育園落ちた日本死ね!!!』以来、「保育所」問題が急転です。

昨日(3月28日)の国会でも取り上げてました。


この変わりようはどういうことなんでしょう。


今までなら「お受験」という言葉が躍っていたのに、「保育所」なのです。

わが家の近所に「この3月末で廃園になる幼稚園」があります。


「保育所などに変わらないものでしょうか?」

そうでした。。。。「保育士さんの労働問題」が原因でした。


必要は発明の母


「必要性」をどう伝えていくのか!どう訴えていくのか!が問題なのかもしれません。


政治然り、企業経営然り。。。。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

長時間の高速道運転の「眠気防止策」 [小さな親切、余計なお世話]



先日起きた山陽道のトンネル事故は、追突したトラック運転手の居眠り運転だったとか?



私は時々車で片道300キロ以上のロングドライブをします。
運転が好きなこともあり、まず一人で運転します。

その時にどうしても戦わなければいけないのが「眠気」です。


皆さんはどうなさっていますか?


私の場合は

1.同乗者がある場合

極力、よく話す(話しまくる)


2.一人の時

こまめにSAやPAに立ち寄り「トイレ休憩」

※いっきに走ると「脚が笑う」状態にもなりますので、最近はとにかくよく止まることにいています。


SAやPAでは仮眠をとる

※10分くらいかもしれませんが、少し眠ると気分爽快になります。


食事はしない

※満腹は睡魔を誘います。
ただし、お菓子を食べながら空腹を満たしています。
同乗者がいる場合も、私だけは食事をしません。


車内に柑橘系の果物を入れておく


しかし、絶対的な対策ではないようです。



皆さんはどうなさっていますか?





nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

「移住者が近所に越してくるのを嫌がる」人たち [どう受け止めたらいいのか]

先日のこと、ある田舎町のお年寄りとお話しする機会がありました。

おばあちゃん曰く、

自宅の裏の空き家に「移住者」が引っ越してくるのは嫌だ!

と。。。。


よく考えると、私も仕事の関係でいろいろと引越しましたが、「隣家のお宅が不愉快に思っていらっしゃる」などとは考えたことはありませんでした。


どう受け止めたらいいものか?


確かに自宅の近所に「ある国の方々が引越て来たとしたら、私も嫌」な気がします。

複雑な気分ですが、おそらく隣人を選ぶことはできないはずです。


東京のある地域では、「家を建てるときは町内会の了解がいる」ところがあるらしいのですが、そういうのも異例中の異例だとは思います。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

「移住者」よりも「地元住民」の生活向上を優先すべき [みんなうすうす気づいている]

「移住」という言葉はすっかり定着したようですね。


各地方は「移住者」増に躍起になっていらっしゃる様子がよく伝えられています。



先日の「3.11」の報道番組で、ある町の町長さんは、「移住者が増えるといいですね」との質問に、

移住者はいらない。まず地元住民の生活が豊かになることを優先したい。住民の生活が豊かになると『移住者』は自然と増える。」

という趣旨のお話をなさっていました。


正論です。


古くから住んでいる住民生活の向上を後回しにして、「新住民」を優遇するというのはなんだか変な話です。


自分の子や孫がふるさとを後にして出ていき、「移住者」という新住民で補おうという算数だけではなんだかおかしくありませんか?


日本全国が総じて人口減少状態にあるなか、無理をすることもないでしょう。


少ない人口で豊かに暮らすことを考えてもいいのではないでしょうか!




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

「若者商品券」ですか? [どう受け止めたらいいのか]


昨日(15.3.24)の産経ニュースによると、

〇政府は23日、景気刺激のため編成する平成28年度補正予算案の目玉として、若年層の低所得者対策を盛り込む方針を固めた。生活必需品などの購入にあてられる商品券の配布を検討する。

〇若年層の消費の落ち込みが目立つため、ピンポイントでテコ入れを図りたい考えだ。

〇1月の家計調査(2人以上世帯)では、34歳以下の若年層の消費支出が前年同月比11.7%減と大幅なマイナスで、全世帯平均の3.1%減と比べても落ち込みが目立った

〇政府は低迷する個人消費の底上げを図るためには、若年層の消費刺激策が欠かせないと判断。

〇貯蓄に回る可能性が指摘される給付金ではなく、商品券の配布を検討している。


と。。。。


誰だって「お金がもらえるのはうれしい」はずですが、こういうやり方でいいのでしょうか?

しかしながら、

●単月の家計調査の結果だけをもって決めていいものか?

●「消費性向」や「消費動機」を分析せずに「若年層」と決めていいものか?

●マクロの消費活性化が目的であるのなら別に「若年層」でなくても誰でもいいはずです。

そもそも

●なぜ「若年層の消費が弱いのか?」という分析なく無理に「若者にお金を使わせよう」というのも変な話です。



確かに、

●かつては消費の担い手は「独身」とか「若者」とか「女性」と言われて来ましたが、今はどうなんでしょう。


でも、

●「家計調査」は二人以上の世帯の統計だったはずです。


「低所得な国民層」への「施し」なのか?「売り手の側の業績不振」なのか?もよくわかりません。


「売り手の側の事情」で「商品券」を配るのだとしたら、「若年層」に限定する理由もよくわかりません。


〇企業では「経費節減」は永遠のテーマです。企業向けの販売動向(企業消費)はどうなのでしょうか?

〇「物が売れない」のは、「数量要因」でしょうか?「単価要因」でしょうか?


こういう「わかりやすく」て、そのくせ「わかりにくい」政策でいいのでしょうか?

しかも一過的です。

構造的な問題をもっと議論しないといけないのではないでしょうか!


これほどまでに「将来不安」があったらお金なんか使えないはずです。

その「将来不安」の主因は「社会保障です。


「社会保障」を確保するために「消費税」があったはずです。

しかし「消費税」のせいで「消費」が不振だという識者も多いようです。


だったら「消費税引き下げ」をやるべきでしょう。

「消費税引き下げ」を行うと「将来不安」が高まるかもしれません


構造的な課題を整理しないとダメでしょう。














nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

「地方創生」問題はどうなったのか? [どう受け止めたらいいのか]


最近の政治はどうも「言葉の遊び」が先行しがちなようです。


そういえば「地方創生」はどういう風に進行・進捗しているのでしょうか?


少なくとも私が知っている「ある地域」の「地方創生案」は、「そんなの必要ないでしょ!」ということにお金が使われようとしています。


「手が広がる」ばかりで実益も意義もないことに私たちの税金が使われようとしていることもあるかもしれません。



そもそも担当大臣ですら関心の薄い出来事になってしまいそうで怖いです。

有意義な無駄は許せますが、無駄の上塗りは避けなければいけません。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

「消費税引上げ先送り」の外堀が埋まりつつある [どう受け止めたらいいのか]


「税金をたくさん払いたい」と思う人は少ないと思います。
かく言う私だって。。。。


ここのところのニュースを総合すると、どうやら「消費税引上げ延期」の流れが加速しているようです。

不思議なことがあります。

1.アベノミクスがうまくいって、景気も良くなっていると最近まで言っていたのに、なぜか景気のために消費税引上げ先送りです。

2.もし「消費税を引き上げる環境にない」ほど景気が悪いのなら、「延期」ではなく「消費税引き下げ」をやるべきです。



「財政出動をしなさい」とおっしゃる高名な方もいらっしゃるようです。
そこを許すと「なんでもありのバラマキ」が始まってしまいます。


「原発」云々の時代でもあります。
やはり景気対策は「水力発電ダム」にすべきでしょう。


限界集落が増えましたから、「村が水底に沈んでも反対は少ない」でしょう。


そういえば、大臣が国会審議で「間違った原稿」を読んでしまった「地方創生」はどうなったのでしょうか?

担当大臣が間違えるくらいですから、さほどたいしたことでもないでしょう。
要は、「砂に水を撒くような政策」かもしれません。


おっと「消費税」というのはどんな税金だったのでしょうか?

確か目的税だったような。。。。。



nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

「読みやすい字」をかける人はやはり得 [みんなうすうす気づいている]


先日ある方からお手紙をいただきました。

知人の訃報を聞き、お供えをお送りしていた故人のご長男のお嫁さんからでした。


便せん一枚の礼状でしたが、生前のエピソードを交えたその手紙には暖かいものがありました。

「お供えをお送りしてよかった」

と思った次第です。


そして、「字がとてもきれいで読みやすい」お手紙でした。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

「交通ルール」は学校では教えないのかもしれない [どう受け止めたらいいのか]


高校生の姪たちに「交通ルール」のことについて聞いてみました。



人は右、車は左

とか

自転車は左側通行

というルールは知っているのか?


等々。



彼女たちは、聞いたことはあったかもしれないが、「知らない」との回答でした。

その結果、「歩くとき」も「自転車に乗るとき」も、特に「どこを走らなければいけないというこだわりはない」とも。



私のような世代は、「学校で」、あるいは「地域で」、そして何よりも「親」や「おじいちゃんおばあちゃん」からくどいくらい教えられたものです


確かに事故件数や交通事故死亡者数は減りましたが、事故にあった人やご家族の方から見れば、「たら」「れば」の連続ではないかと思います。


「人の命にかかわる」ことには、守らなければいけないルールはいつの世にも存在しかつ徹底されなければいけないと思う

で、いったいこういうルールは誰が教え、どこで覚えるのでしょうか


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

このCMどこかおかしいかも [小さな親切、余計なお世話]


あのぅ 僕どうしたらいいのですか?」

私が責任をもって解決に当たります

お相手の示談交渉まですべてお任せください


これはある損害保険会社のテレビCMの一コマです。


もし、あなたが事故の相手方ならどんなお気持ちになられますか

私には、「あなたは何もしなくていいですよ。私がすべてうまくやっておきますから
という風に聞こえてしまいます。

例えば今回の山陽自動車道のトンネル事故の賠償交渉でもこういう形で交渉されたら、ご遺族の方はなんとお思いになることでしょう。

死亡事故でもなかったら、「自賠責保険」の範囲程度での賠償提案だったりします。
なんのために「高額な任意保険」に入っていたのかと思わせるようなこともあります。


各社にHPなどを見ると、

挑戦の数だけ保険がある

保険の先へ挑む

等々、イメージフレーズが踊っています。


損害保険というのは、「被害(者)への賠償」がメインのはずです

こういうきれいごとばかりでいいのかと思う。


なにか違和感を感じるのは私だけでしょうか?


まさかの時の〇〇火災


かつてラジオでよく流れていたある損害保険会社のCM]です。
これこそ「損害保険」の神髄のような気がします。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

「野球賭博問題」:そろそろ幕引きを! [みんなうすうす気づいている]

おそらく、麻雀とかゴルフをなさる方で、いわゆる「かけずにやる」という方はほとんどないのではないかと思います。

あるいは、以前はやっていたという方もそうではないかと思います。


これとて違法のはずですが、「可罰的違法性」を超えない範囲で世の中は多めに見ていたはずです。


今回のいわゆる「野球賭博」問題は、少し興ざめの気がしてきました。


確かに根絶させなければいけませんが、この調子で報道が広がっていけば、いわゆる「水清くして魚棲まず」状態になってしまいます。


サラリーマン社会なら、「社内コンペ」で賭けようものなら「内部告発」の対象になってしまいます。

※「賭けマージャン」「賭けゴルフ」が好きな輩を見聞きしたら、心の中で「ばかなやつら」とつぶやいておけばいいじゃないですか。



ただし、「野球賭博問題」を幕引きにするには条件があります。


1.明らかに「反社会的勢力」とつながっているものは厳罰に処す

2.本業」にかかわるものは厳罰化

3.勤務時間中」に行ったものも厳罰対象

でいかがでしょう。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

「清原」保釈報道にニュースバリューはあるのか? [みんなうすうす気づいている]

昨日(⒗.3.17)の夕刻は、ちょうど皇居周辺にいました。

空にはヘリコプターが飛び交い(5機はいました)、カーナビで聞くテレビも「清原」保釈報道一色です



本来なら「首都圏」のローカルニュースの時間でしたが、長々と「清原」保釈(待ち)の様子を報じていました



ところで、この「清原」保釈にニュースバリューはあるのでしょうか

裁判の結果、求刑されたり、刑が確定したというのなら別でしょうが、これくらいのことで、ヘリコプターを飛ばし、延々と「保釈金がいくらか?」「保釈後はどこに住むのか?」程度の話を繰り返していました。


そっとしておいてあげればいいんじゃないでしょうか!

混雑整理のためかなりの警察官が動員されていました。

もっと重要なニュースがあったのではないでしょうか?


昨日は早朝から「山陽自動車道」の事故の話が報じられていました。
私にはそちらのほうが気がかりでした。
なんであんな大事故が起きたのか知りたかったのです。


帰宅して見たニュースによれば、「トラックが渋滞で停車中の車に追突し」「二名が死亡」したとのこと。。。。

交通事故による死者数が激減したとはいえ、当事者やご家族には関係のないことです。
一刻も早く再発防止策を取らなければいけないはずです。


「首都圏」は関係なかったのかもしれませんが、首都高速道路などでのトラックの乱暴な運転は絶えることがありません


「そんなに慌てて運転しなくてもよいものを!」と思わずにはいられません。



ところで「清原」元選手ですが、

かつては野球界のヒーローであったはずなのに、

なぜ「覚せい剤」にのめりこんでいったのか?

なぜ「野球界」に残っていないのか?
(監督やコーチあるいは解説者などの活躍の道もあったはずです)

なぜ「入れ墨」なんかしているのか?

④そもそも、なぜ「番長」などと呼ばれるのか?

疑問だらけです。


屈強な肉体をスポイル」、「反社会的勢力につながり」、「過去の栄光を汚し」てしまうなんて、本当にもったいなく不本意なはずです。
おそらく蓄えた資産も「反社会的勢力」にむしり取られたのではないでしょうか



今日のテレビの伝えぶりは、のぞき見趣味の写真週刊誌レベルです。

まるで、彼らが事件を作っているようなものです

見たくもないニュースを各局こぞって流すなんて「電波」の無駄遣いです。

もし、ヘリコプターが事故でも起こしたらなんと弁解するのでしょう?


「テロ」の時の練習でしたとでもいうのでしょうか?



優先順位も吟味されず、いろいろなことが報じられている世の中、何とかならないものかと思う

毎日報じられる政治・経済・社会。スポーツ等々のニュースの一つ一つが、マスコミに疑問符をつけてしまうようなものに見えてしまうのは私だけでしょうか?



日没直後の国会議事堂は、いつになく寂しそうでした

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

なぜ「民主党」は強くならないのか? [どう受け止めたらいいのか]

「民主党」が「維新」と一緒になり「民進党」という党名になるという。


「党名」の決定についてはかなりの識者(というのかな)が揶揄するような言い方をなさっているが、おそらく「余計なお世話」なのだろうと思う。



この手の人たちはどんな名前にしようが、どんな決め方をしようが必ずその手の「遠まわし」の意見をおっしゃるものだと思う。


なぜ、こんな話をしているのかというと、

どんな名前になろうが、そういう人は「民進党」を支持などしないだろうから

②逆に、おかしいと思っていても、きっと選挙では「自民党」「公明党」などの与党に入れるだろうから


かくいう私は、基本ノンポリなので、こういう形だけの議論が先行すると選挙の時には本当に困ってしまうのです。


今の世の中は何がいけないのか?

今後の世の中のために何をしてほしいのか?

そのためには何をしなければいけないのか?


ここを明確にしない限り、いつまでたっても不満ばかりの世の中が続くのではないかと思う。

※戦争でも起きない限り「なんとかなるさ」ということもありますが。。。。。
保育園落ちた」という話はとてもわかりやすいですね。




「政治」をやっている人たちを見ても、批判されることがあっても彼らは生き延びていきます。

最近は「なんでこんなやつが政治家になったの?」と思うような方でも、選挙民の多数意見の結果であり批判が届かないこともあります。



今朝のニュースでは、「東芝のボーナス」の話をしていました。

「経営者が悪い」というのは簡単ですが、あんなに従業員が多い企業なのだから社員が束になって批判したり意見を言わなかったのか?とあらためて思う。


私の経験では、「倒産する企業は従業員も出来が悪い」ということも言えるような気がします。

企業なら、「おかしい」あるいは「沈没するかも」と思ったときは転職することもできます。

「政治」は、「おかしい」と思っても「引っ越す」ことはほぼ不可能です。



「日本という国の政治」は、それなりにマスコミが批判したり面白おかしく伝えてくれますが、「地方政治」はどうなのでしょう?


「長いものにまかれるしかない」(基本かかわりたくない)と距離を置いている人も多いのではないかと思います。

あなたがお住いの町や村の将来は本当に大丈夫ですか?

たぶん「民進党」の名前の決め方同様「余計なお世話」かもしれないですね。



※読み直してみたら、「民進党」ではなく「民新党」と書いていたことに気が付きました。
この程度の知識で書くのもやはり失礼なのかも。。。。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

新聞の「社説」読んでいますか? [鈍感日本人への警鐘]


皆さんは新聞の「社説」というのをお読みになりますか?

私は、以前からほとんど「社説」なるものは読んできませんでした。


なんだかむつかしいことが書いてありそうで。。。。。



ふと目をやった日曜日の新聞(⒗.3.13読売新聞)の「社説」の薄ぺら論旨でつまらないことか。。。。

SNS全盛のこの時代、素人のブログやツイッターのほうがはるかに読み応えがあるようです


この日の社説テーマは二つ。

一つは、「金融政策頼みだけでは危うい

アベノミクスのことかと思ったら「欧州中央銀行の追加金融緩和策」のことのようです。

「各国の金融当局は細心の注意を払わなければならない。」と謳ったところで、欧州の金融政策担当者が読むはずもないし、読んだところで笑われるだけのような整理です。
いったい誰に何を言いたいのかと思えるような文章です。

ひょっとしたら、欧州が金利下げを行うとアベノミクスの金利下げ効果が薄まってしまうとでも言いたいのでしょうか?


一つは、「不適切な指導が追い詰めた


広島府中町の中学校で起きた男子生徒の自殺事件をコメントしたもののようです。
今までの記事を並べたような文章にどんな重みがあるのでしょう。

「指導を誤れば、生徒の心に深い傷を負わせることがある。教師は肝に銘じねばなるまい。」と結ぶご意見にどんな重みがあるのでしょうか?

世の中の教師すべてが危ういのか?それともたまたまあの学校の先生たちだけが問題なのか?

あるいはどこが悪かったのか
あるいはどうしたらよかったのか

そして、今後はどうすべきなのか


もっと自己主張をしていただきたいものですね。


新聞だからと言って「素晴らしい意見や取り上げ方ではない」ということかもしれません。


出来栄えの悪い絵葉書に「素晴らしい」「私も行ってみたい」というように身びいきな感想を述べるようなものなのかもしれません。



そういえば、「アベノミクスはうまく行っている」と言っていたマスコミ人の多くが、普通の口調で「景気が悪い」というのもいかがなものかと思う。


わが身に置き換えて「書いたり」「見たり」「読んだり」しなければ。。。。。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

女子高校生の東京春休み [ライフスタイル]


高校生の姪二人が日曜の夜から上京しているのでわが家もずいぶんにぎやかになりました。

日曜日の20時過ぎに東京駅に迎えに行き、そこから東京案内のスタートです。
今までは親たちと一緒に上京していたのですが、大きくなったものです。

と言いつつ、新大阪駅まではそれぞれの家族が見送りに来たらしいので、わがファミリーには一大イベントです


東京駅で落ち合った後は、デパートのレストラン街で夕食です。

ただし、東京駅の夜景をバックに写真を撮って「着いたメール」を送っているようです。

  


食事をしながら聞いてみると、やはり、メインは「東京ディズニーランド」ツアーです。


今は天気予報の正確性が増したこともあり、行動計画もお天気に合わせながら立案です。

朝寝ができるということで、急きょ「東京タワー」や「お台場」のナイトツアーが加わりました。


翌日の雨に応じた予定も立てました。

エグザイルの事務所周辺を歩きたい」という今どきの物見遊山には私が車で送っていき、原宿で下した後は、妻がお相手です。


昼食メインで、渋谷や表参道のぶらぶら歩きのようです。

買い物をするというわけではなく、渋谷のスクランブル交差点109を見て回るのがいいようです。

冷たい雨の中でも結構楽しそうです。


今日は朝から快晴。予定通り、いよいよディズニーランドツアーの始まりです。

妻が電車で送っていきましたが、お迎えは私が車で行く予定です。

などと考えていたら、いったん帰宅していた妻も「私も夜のやつに行ってくる」と夕方出かけていきました
(ディズニーランド2往復です)


私はと言えば「あるものを食べといて」と言われ10時ごろに車でお迎えに行く予定です。



朝方、妹から電話があり、「お金も大変じゃないの?」と聞くと、「今くらいしか行けないから」と。。。。


彼女たちに聞くと、大阪の友達は、夜行バス日帰りも多いとか

東京ディズニーランド」恐るべし!


「私は行かない」と言っていた妻も行ってしまうのですから。。。。。

「明日行けばいいんじゃない?」と言ったら「1日中いるのはしんどい」と贅沢ツアーです。


夕方、妹から、宅急便が届きました。
どうやら食べ物のようです。


世の中が便利になったことを実感した次第です。


でも、それなりにみんなが物入りです

手土産なんかいいよ」と言ったら、妻は「人のうちに行くときは手土産がいる」ということを教えるのにちょうどいいと、「金のかかるという」教育を行うつもりのようです


まぁ、うちもにぎやかになったし、「物入りでもまぁいいか」。


 


そう言えば、「箱根」にも「新宿」にも「浅草」にも「横浜」にも興味がないというか「知識がない」状況でした

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

地方の若者が「東京の大学に進学する」ということ [一人合点の「いい加減な話」]

近所に大学があることから、この時期の不動産屋さんには学生向けのアパート広告が店の壁いっぱいに貼ってありました

今まで気にとめなかったのですが、わが家の最寄駅周辺には「こんなにたくさんの不動産屋さんがあったんだ」状態です。


部屋代は、いわゆる1Kで最低でも5万円台

不動産屋さんに聞くと、5万円台からなくなっていくとのこと。
どうやら中心価格帯は6万円台のようです。

ベテランの不動産屋さんは、「家賃の選択は偏差値に比例する」とも。。。。


また、借りに来たお母さんたちの中には、「近くに病院はあるか?」などというのを関心事になさる方もいらっしゃるのだそうです。

一見正論のようですが、東京には病院や歯医者さんはかなりありますから、日当たりとか騒音などを優先なさるほうがいいのではないかとも思ったりしました。

また、「駅の近く」を選ぶよりも、「スーパーが近いか」「たまり場にならないか」「公園はあるか」などの生活環境もかなり重視されたほうがいいのではないかとも思います。

「大学の近くがいいのか」ということもこだわることでもないでしょう。


まぁ、押さえどころを上げだしたらキリがありません。

マンション」と「アパート」の違いは何だろう?などと考えるよりも、

礼金や手数料などを考えたらそうそうは引っ越すこともできないでしょうから、予算」の範囲内で住環境優先で決めるしかないということかもしれません


子育て」には確かに費用も掛かりますが、「最終章」の大学にはかなりお金がいるのかもしれません



そんなことを考えていたら、「地方の大学の役割は何だろう?

などと素朴な疑問もわいてきました。


偏差値に左右されることなく、「実学」に根差した特長のある学校こそこれからは有意義になるはずです
ただ、最近は情緒的な学科が増えてきた感じもあります
やはり、「ものづくり」「手に職」を意識した大学であるべきだと思います。

たぶん、就職にも有利でしょうし、また「人生80年」を考えたらきっと役に立つはずです。


地方の大学が力強くなれば、若者の地方定住も増えていくはずです

ただ、「地域〇〇的な観念的な議論はいつでもできますので、とにかく「実学」「手に職」を優先してほしいものです

なお、「勉強が好きな人」は「大学院」進学を選べばいいのではないでしょうか!


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

「プロ」だからこそ不満や苦情を言いたくなる [仕事についてのエトセトラ]

一昨日は、ほとんど不満ばかりの一日でした。

妻からは、「そんなに文句ばかり言うもんじゃないよ」と窘められてしまいました。



事の起こりは、ある有名なお店で買い物をした時の事でした。

テレビ雑誌でもおなじみの上場企業です。

レジで不安なことがありました。

対応なさったのは、パートやアルバイトの方ではなく、正社員っぽい方のようです。
「あれはいいのですか?」的な質問をしたら「それは結構です」という返事が返ってきました。

買い物の後、食事をしながらレシートを見るとやはりなんか違っています。

このお店は、20年以上使っていますが、先日テレビでも取り上げられたり、たまたま欲しいものがあったこともあり、いつも行っている自宅近所のショップではなく、都心にある大きなお店に行ったものです。

食事の後で引き返し訂正してもらう羽目に。。。。。
都心の店の場合、車で行っていたこともあり面倒くさいことも多いのです。

気になったのは、「レジの後ろの放送などをするテーブルが乱雑で整理がされていない」(見ていると商品の取り違えや破損が生じそうな)ことや「店員さんの不用意な私語が聞こえる」ことです。

品質には定評がありますから気にしなくてもいいようなことですが、「企業経営」という部分に光を当てるとすごく気になってしまいます

テレビで取り上げたほどのこともないような気もしました。
これならネットショップで買ったほうがいいのかなと思ってしまいました。



次は、その食事です。

ここも東証一部上場の企業のお店です。

味も雰囲気もよく、値段も比較的お手頃なのでたまに行くようなお店です。
お昼時だというのに、お客さんはまばら。。。。
おそらく「夜」がメインのお店なのでしょう。

しかし、口にした「ご飯」が口の中に突き刺さるような感じです
たぶん、いわゆる「おねば」が炊飯器にへばりついて固まったようなごはんです。
しかも、ごはんの塊がお茶碗の中に入ったような盛り付けです。

そばにいた店員さんに確認したのですが、取り換える様子もありません。
名札を見るかぎり、おそらく日本人の方でした。

彼女が連絡していたようでレジでお詫びの言葉をいただいたのですが、何か違和感が残ります。



帰宅してややあった頃、これまた東証一部の企業の方からお電話をいただきました。
先日、「あの件はどうなっている」という質問をしていたことの回答です。

電話の内容は「東はどちらですか?」と聞いたら「右はこちらです」的なことでした。

しかも、「ボールを相手に投げたら」、「あっちに転送しておきましたから取りに行ってください」とでもいうような顛末です。



性格的なものと年を取ったこともあり、小さなことでも愚痴ってしまう癖がますます顕著になってきたのかもしれません


ただ、よーく見ていただくと、ここに登場するのはすべてが東証一部上場の有名企業ばかりです

なぜ、私が不快に思うのかというと、知名度からくる「信頼」「社会的使命」「要求水準」に照らすとあまりにも稚拙すぎるからです

どんなに優良な企業でも、現場のこういう細かなことが企業経営のほころびを大きくすることにもなりかねません



そんな中、この日届いた手紙を見てほっとすることがありました。

これも東証一部に上場する企業からのものでした。

内容は、「クレジットカードの2月末の引き落としを二重にやってしまい申し訳ない。戻しておきました。」という詫び状でした。


クレジットの引き落とし状況は、頻繁にPCでチェックしていますので、「そういえばそういうのがあったなぁ!」と思い出しました。

どうやら私だけではなかったのか、「丁寧な封書に入った詫び状」でした。

「こういう企業もちゃんとある」と安心した次第です。



日本経済をけん引する大企業だからこそ「いい加減さ」に文句を言いたくなることもあるのです。


そういえば、学校の先生は生徒に接する「プロ」のはずでした

事情はよく分かりませんが、「自殺者」が出てからではやはり遅い!












nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

「野球賭博」と「プロ」 [仕事についてのエトセトラ]


私の好きなプロ野球巨人軍でまた「野球賭博」について動きがありました。

初登板から139試合無敗というプロ野球記録を継続中だった左腕:高木京介投手が「野球賭博に関与していた」と公表されました。

巨人ファンとしては「もったいない」「残念」という気持ちでいっぱいです。

地道な謝罪会見と相まって、ラジオの辛口コメンテーター氏をして「救済の道はないものか」的な発言をしてしまうほどでした。


また、あるプロ野球OBは、「『野球バカだから社会常識に疎く、巻き込まれやすい」と自嘲気味におっしゃっていました。
「野球バカ」だからではなく、やはり「社会経験が少ない時にはありがちなこと」かもしれません。


さらに、プロ野球の関係者の方が、テレビで「不正や違法行為はやってはいけない」と言う趣旨の発言をなさっていました。
口で言うのは簡単ですが「なぜやってはいけないのか!」という点を選手に理解させない限り根絶は無理でしょう



今まで「野球賭博関与」と公表された巨人の選手4人はいずれも投手ばかりです。

「投手仲間」だからなのではなく、「投手はだれよりも八百長に関与できる」ことが問題なのです。
「1回くらい」とか「若いのに」という以前の問題です


例えば、「銀行員はお客様のお金に手を付けたら懲戒免職」相当の処分を受けるのが一般的です。


ある地方の警察に勤務する交通係の警察官に「あの50キロ制限の道路をあなたは何キロで走るのか?」と聞いたところ、「歯がゆい時もあるが、通勤に使っているときは特に、制限速度で走る
と話していました。

そういうところがプロのなのです。

職業である以上、本業で「信頼」を失った者はその業界では信用できないのです


本業での不正が許されない!」理由はこういうことだと思います。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

Yahoo!検索で「3.11」チャリティー [どう受け止めたらいいのか]

3月11日に私にできることと言ったら、

Yahooの検索欄に「3.11」と入力すること

ぐらいかもしれません。

Yahoo!3.11③.jpg


何かをしたい気持ちはずっとあった。
でも、5年たった今、できることは少ないと思っていた。


被災地の今を知りたい、応援したい。
そんな想いの検索を力に。

(※Yahoo!のサイトからの転用です)




nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

お疲れさま「なでしこ」 [みんなうすうす気づいている]

サッカー女子のリオデジャネイロ五輪アジア最終予選」が終わりました。

サッカーに詳しくない私には、知らないうちに始まり盛り上がらないまま負けてしまった大会でした

そして、世代交代がうまく行っていない姿を見るのがとても心苦しい大会でした。
他国チームのレベルが上がっている中、「なでしこ」は下手になっているようにも見えてしまいます。

しかも、大会中には「監督批判」「キャプテン宮間批判」まで報じられてしまうような重苦しいこともありました。


勝てば官軍、負ければ・・・・」という言葉が浮かんでしまいました。

世代交代とはこんなにむつかしいのか!」というのもつくづく思い知らされたような気がします。



2011年の7月、こんなことを書き留めていました。

モーガン(MARGAN)選手がシュート
「あーぁ」とため息でした。
やっぱり駄目かなぁというのが私の本音です。

あろうことか、宮間選手が神がかりのようなシュートです。
ひょっとしたら見てる人の大半がオフサイドとでも思ったのか、「何が起きたかわからない」ような、シュートの後で時間が止まってしまったような出来事でした。


同点で迎えた延長戦、さっきのモーガン(MARGAN)から上がったボールを、エースのワンバック(WAMBACH)のヘッディングシュート。。。。。パワーシュートのさく裂です
「やっぱり駄目かなぁ!」と負け犬的応援をしてしまいました。


そして、今度は宮間のコーナーキックを選手が神業のようなシュート。。。。

今までの日本チーム(おそらくすべてのスポーツの試合での)初めての出来事だったかもしれません。

あきらめない!」そのものです。
・・・彼女たちは、ただひたすらに一生懸命プレーしていただけかもしれないけど。。。。



シーンの一つ一つは思い出せませんが、「宮間」と「」を頂点に「なにくそ!」精神でうまくまとまっていた無心のチームだったと記憶しています。



今度の「柱」は誰だろう?

芸能タレント然と伝えられてしまわなければいいが。。。。と思ったりもみたり。

なにくそ!」っていい言葉だなぁ!


お疲れさま!宮間選手。
昨日の試合はさすがでしたね。


そういえば、大関「琴奨菊」は大丈夫かなぁ!?





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

「広島:府中町の万引き話」に代表されるいろいろなこと [どう受け止めたらいいのか]


昨夜の広島府中町の中学生自殺問題には少し考えさせられてしまいました。

ここ最近は少し刺激的な話が多いような気がしませんか?


ベッキーさん・文枝さん、宮崎議員の不倫話

〇元巨人清原選手の覚せい剤事件

巨人軍選手の賭博問題

〇甘利大臣の辞職

〇新国立競技場に「聖火台」が設置できない問題


そして昨夜(16.3.8)の

〇広島:府中町の話

〇巨人:高木選手の野球賭博問題


中には、「当事者間で解決されたらいいんじゃないですか」という話とか「昔もそういう話はあったんだろうな」という話もあるのかもしれません。


庶民が目くじらを立てても」という考え方もあるかもしれませんが、なんとなく「共通項」がないわけでもなさそうです




実は昨日、「東証一部上場」の有名な企業の本社を訪問、それなりに偉い方と話をしてきました。


私が個人的に関係することで、「本当にそういうことがあるのだろうか?」というようなことがあり、確認方々、アポも取らずその企業を訪ねたのです。


受付で趣旨を説明し、それなりのセクションを紹介されました。

最初に応対された若い方は、用件を聞くや担当を呼んでくるとおっしゃって、ご担当の方を探してきてくれました。

ややあって担当という方がおいでになりましたが、どこか内容が違っています。

先方もニュアンスを理解された様子で、「担当を呼んでくる」ということで、監視カメラのある接客ルームに通されました。


少し待たされたあと、それなりの肩書の方二人がお見えになりました。


私は「反社会的勢力ではない」旨説明し、事の次第を話し、

私がやり取りした方は貴社の社員なのか

私が彼から聞いた話や彼を含む貴社の対応は本当に貴社のルールなのか

もしそうだとしたら、私の社会経験に照らしたうえで考えている貴社への「要求水準」と違うような気がする

というような話をさせていただきました。

※「お茶」すら出てこなかったので警戒人物としての対応だったのでしょうね。

しかしながら、応対された彼らの顔つきを見ていると、やはり「何か違和感があった」ような様子です。

お二人にはビルの玄関まで見送っていただきました。



いつものことながらグダグダ書いてしまいました。

私が言いたいのは、

かっこいいふわふわした話」もいいのですが、「足元の基本」への目配りがおろそかになっていませんか!
ということです。


最近はネットも発達し、だれでも気軽にコメンテーターになることができる時代になりました。
かくいう私も典型的なやつに違いありません。


ただ、もう一社、皆さんがよくご存知の著名会社とこういう話をしようかと迷っています。

本当にこういうことがあるのだろうか?」というようなことが起きているからです。

かつて「名刺で仕事をしていた時」にはありえなかったような姿を垣間見てしまう今日この頃です。



事の真偽はよくわかりませんが、広島:府中町のニュースに接し、あらためて考えさせられてしまいました。

あなたの身近でも似たようなことがあるかもしれませんよ!

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

「消費」が伸びないのは「消費税のせいではない」 [みんなうすうす気づいている]

「消費税」引上げについて慎重な意見が支配的になっているようですが、

1.「物価」を2%引き上げるのに苦労している現状から考えると、「所得」が2%増えるはずはない。

2.「将来不安」を残したまま「ムダ金」を使うような余裕はない。

3.そもそも「捨てるほどものがある」のに、なんで「無駄遣い」をしなければいけないのか?

4.「消費税」が原因で消費が伸びないのなら、「消費税」の引き下げを検討すべきである。

という基本的な考え方があります。


「消費税引上げ」悪玉説を唱える皆さんは、ご自身の生活ぶりを一度振り返ってみてください


そもそも「所得が多い」方が、庶民の暮らしぶりを議論することそのものがナンセンスです。
~「あんたが使えよ!」と言いたい。また、海外になど行かないで「国内旅行」をしなさい!

「高級レストラン」で食事をし、「高級車」に乗るのも、すべて「経費」で落としていらっしゃいませんか?

「高級食材」も「ふるさと納税」で調達されていませんか?
~「ふるさと納税」できるほど「所得もない方も多い」のです。


さらに、

年が寄ると、そんなに食べないのですよ。
(明らかに量が減っていきます)

本来なら高齢者に代わり若者が主力納税者に移っていかなければいけないのにもかかわらず、昔のような活力がなくなっていませんか?

〇もし、「取れるところから取る」という考えで「相続税」などが引きあがるようだと、ますます財布の紐は締まるでしょう。

金利が下がると預金が増える」という説もあります。だって、「利子所得」が増えない以上たくさん預金するか、そもそも「元本を減らさない」という心理が働きがちです

子育て」はたいへんですが、経済的には「こどもが高校・大学の時にお金はいちばんかかる」という現実もあります。


等々、「景気」(または将来不安)の問題に触れないで「消費税」の問題にすり替えて「消費」を議論するところに無理があるのです


かつて「金さん銀さん」は、テレビ出演のギャラを「『老後の備え』のために貯金する」とおっしゃったという話を日銀の方が知らないはずはありません。

中国経済の減速」を景気悪化の一因に挙げる方もいらっしゃいますが、そもそも中国は「経済成長率」も日本よりも高く、また「人口」も多いのです。キャパシティには余裕があります。


「国立競技場に聖火台がない」を笑う前に、もっと「足元」を見ながら「全体像」「将来ビジョン」を考えてください



地方に行ってごらんなさい。つまらないところに税金がばらまかれていますから。。。。

国会議員や地方議員の報酬も日本国民が考える許容水準から見ればずいぶん多いはずです
あんなやつが議員になっている」と笑う人のなんて多いことか!






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

「クラウドファンディング」ですか? [どう受け止めたらいいのか]


クラウドファンディングもあるし。。。。」

ある会で「資金が足りない」という話の延長線で「クラウドファンディング」の話を持ち出された方がいらっしゃいました。

ここ一年ばかり、「クラウドファンディング」の話によく出会うようになりました。
いずれも「寄付型」のものです。

ツィッターなどでも寄付を呼び掛ける投稿をよく目にします。


※クラウドファンディング~不特定多数の人が通常インターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うことを指す、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語である。(「ウィキペディア」より)。


私は、正直に言うと、この「クラウドファンディング」がどうも好きになれません。
お手軽に資金調達ができるというメリットはあるものの、先日、ラジオのある番組で「クラウドファンディング」を行ったという出演者のいい加減な(目的外)の資金利用発言を耳にしてしまったからです
彼は得意になってお話しされていましたが、見方によっては「詐欺」然としています。「胡散臭い」という姿が垣間見えてしまったのです。


今回の会でも、資金使途がどうもはっきりしません。

次から次へと「これもやりたい」が増えてきました。

せめて5W3Hくらいは明確にしてほしいものです。

※5W3H
①When  (いつ):時期
②Where (どこで):場所・エリア
③Who (だれが):登場人物
④What (なにを):製品・商品・サービス
⑤Why (なぜ):事情・理由

①How much (いくら) :予算、採算、資金調達の方法
②How long (いつまで) :期間、寿命
③How to (どのように) :やり方、ノウハウ




本来なら銀行融資も資金調達計画の中に入れるべきなのでしょうが、

〇銀行融資になじまない(将来の収益が期待できない)
〇銀行の敷居が高い
〇銀行から拒絶された
 (反社会的勢力の疑い等もある)

などがあるのでしょうか?

低金利の今、銀行の見せ場であるはずなのに。。。。。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

教育関係者は「倫理規定」を知らなかったのかな? [どう受け止めたらいいのか]

今朝(16.03.06)の読売新聞朝刊のトップには「教委課長にも謝礼」という見出しが踊っています。

教科書選定(採択)を巡る謝礼問題のことです。

複数の教科書作成会社が複数の県の教育関係者に1~5万円の謝礼を渡したというものです。


不思議でならないのは、国家公務員、地方公務員のみなさんには「倫理規定」というのがあるにもかかわらずまだ徹底されていなかったのか!ということです。

倫理規定:利害関係者から金銭、物品又は不動産の贈与(せん別、祝儀、香典又は供花その他これらに類するものとしてされるものを含む。)を受けることを禁止する規定。「倫理規定」は平成12年の3月には相次いで作られました。


「ルールを守ること」を教えるのは教育関係者の重要なお仕事ですが、これではだめでしょう。


たかが数万円ですが、されど数万円です。


私がいた企業では「度重なる研修」と「内部告発制度」がセットになっていたこともあり、おそらく皆無に近い状態だったと思います。

東京都教委は昨日(4日)今3月退職予定の小中学校の校長4人だけをとりあえず戒告処分にしたとのこと。


贈ったほうが悪いとはいえ、これだけたくさんの教育関係者が関与している様子から見ると、「公務員の倫理規定順守(コンプライアンス)の徹底はどうなっているのか?」思わずにはいられません。


「それぐらいいいではないの・・・・・」

という人がいるとしたら、ルールを廃止するべきだと思う。





nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

「朝タバコ」やめてほしいな [どう受け止めたらいいのか]


タバコを吸わない私にとっては、たばこを吸う人の

①煙

②におい

体臭

はとても不快に感じるものです。


特に、早朝の「タバコのにおい」というのはどうも苦手です。

特に、足早に駅に向かう時などはうんざりです。



せっかく朝の新鮮な空気を吸えるというのに

なぜあのタバコのにおいで邪魔されなければいけないのか!」

と思うと怒りも増します。


早く「煙の出ないたばこ」が一般化されないものかと期待してしまいます。



朗報はここに。。。。

JT、火使わない蒸気たばこ 3月発売
(日経新聞 160126)

火を使わずに楽しめる、JT独自のたばこベイパーテクノロジー
たばこ用デバイス「プルーム・テック」
専用たばこカプセルメビウス・フォー・プルーム・テック」3銘柄
2016年3月上旬、福岡市の一部販売店及び全国オンラインショップで発売
(JT ホームページ


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

「おもてなし」よりも「思い遣り」や「気遣い」 [みんなうすうす気づいている]

先日、銀行に行ったときのことです。

銀行と言えば、いわゆる「CS」最前線のご商売です。
ドアを入ると「いらっしゃいませ」の連呼です。

でも、カウンターの女性の顔が暗いのです
「今日は何かあったの?」と聞いてみると、「今日は少し忙しくて」との返事です。

お昼前の一段落した時間でしたし、いわゆる「五十(ごとう)日」ではありませんでした。
きっとカウンターの向こうのお客様からの見え方なんて気にしない銀行だったのでしょう。


帰ろうとすると自動ドアにぶつかってしまいました

「お前のような元気で足早に歩くやつはうちの銀行など来るな!」

と言われてしまったようです。



そういえば、 東京オリンピック招致の時に一躍話題になった「おもてなし」ですが、私の日常生活ではとんと無縁です。


たぶん、求められているのは、

思い遣ること (全体像とか次の一手を考えた取り組み)

気遣い (何気ないことですが、そこまで気を配ってあるのかということ)

ではないでしょうか。

※以前、ある地方都市のビジネスホテルに泊まったのですが、「ウォシュレットのノズルがとても汚い」ということがありました。



にくいネ!」というコマーシャルがありましたね。
言いえて妙かもしれません。

三菱電機のHPを見ると、「あなたの期待にこたえる、期待を超える使い心地を感じたとき、その言葉は生まれます。」と書いてありました。


昨日(16.03.03)の読売新聞によると、「『おもてなし』世界規格に…飲食や宿泊認証」という記事がありました。

おもてなし規格は、「外国語を話せる従業員がいる」「接客マニュアルが整備されている」といった項目に沿って店舗や施設をA~Cの3ランクで第三者機関が認証する。経済産業省の検討会が昨年秋から基準作りを進めており、最も優れたAランクの認証基準を国際標準化機構(ISO)で規格化したい考えだ。今夏にも国内で運用を始める方針はすでに固まっていたが、さらに2020年頃の国際標準化を目指す。

という内容のものです。

[るんるん]形じゃないのよ。。」

と鼻歌が出てきました。



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

「歯医者」と「歯科検診」と「歯のエステ」 [どう受け止めたらいいのか]


歯科検診」の案内が来たままになっていたので、思い立ってかかりつけの歯医者へ行ってみました。
久しぶりの歯医者さんです。


「ほぼ良好」という結果をいただいたのですが、

詰めていたものが取れているところがある

「歯石」もたまっている

ということで、日を改めて「治療」と「歯石除去」に行ってきました。


いつものことながら「歯石除去」をしてもらうと、なんだか口の中がさわやかになり引き締まった感じがしてきます。「もっと早く来ればよかった」などと思ったりもしました。

歯科衛生士の方と「まるで歯のエステみたいですね」などと話しをしながらやってもらいました。

※このときは3,000円もかかるなどとは思っていませんでしたから。。。。



ところで、歯医者さんは「コンビニの数よりも多い」というほど過当競争らしいです。

先日も自宅近所の歯医者さんと話をしていたら、「私はもう歯医者をやめました」とのこと。。。。


彼女によると、

子供への「歯の衛生教育」が浸透し「子供の虫歯が減った

普通にやっていたのでは儲からない

③なにせコンビニの数よりも歯医者のほうが多い

と。。。。。



高齢化社会を迎え、団塊の世代が元気なうちは「歯科医は仕事がいっぱい」と思っていたのですがどうもそんなこともないようです


帰宅して、妻に、「なんだか患者も少なかったよ」というと、「あの先生は歳だから」などという始末です。
ホームドクターの先生(家族みんながかかっている歯医者)は、まだ50歳代のはずですが、妻に言わせれば「時代遅れ」のようです。

そこまで極端に考えなくてもいいとは思いますが、確かに「歯科医の倒産」というのも目にする昨今です。

真相はどうなんでしょう。。。。。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

「認知症事故賠償」と「個人賠償保険」(入っていますか?) [どう受け止めたらいいのか]


昨日(16.03.01)、最高裁は「2007年、愛知県大府市で起きた、『認知症の91歳の男性が徘徊中に線路に立ち入り、列車にはねられて死亡する事故』をめぐって、JR東海が、男性の家族に損害賠償を求めていた訴訟」で、男性の妻に賠償責任を認めた2審判決を破棄して、JR東海の請求を退ける逆転判決を言い渡しました。

いわゆる「認知症事故賠償訴訟」です。


この裁判では、JR東海は「列車遅延」の損害賠償を求めていたものですが、
配偶者や家族であることだけでは、『監督義務者』にあたらず、特別な状況がなければ、監督責任を負わない
と判示されたものです。

この事案は、「JR東海だけが直接の経済的損失を被ったこと」から、「暖かい判断」だと言われていますが、もし事故に巻き込まれた第三者がいらっしゃったらどう理解すればよかったのでしょうか


ところで皆さんは「個人賠償保険」には入っていらっしゃいますか?

こういう時、加害者(または同居のご家族)が「個人賠償保険」に加入なさっていたら、事情も変わったかもしれません


この「個人賠償保険」は、

個人の「住宅の管理」または「日常生活」に起因して、国内外(注)で発生した「法律上の損害賠償責任」を負担することによって被る損害を補償する保険

〇単独で契約することもできますが、「火災保険」や「傷害保険」、「自動車保険」などの特約として契約する場合が多い
〇保険期間1年。(更新可)
〇保険金額1億円に設定して契約しても、年間保険料の例は数千円程度
〇個人賠償責任保険の被保険者は「生計を共にする同居の親族」。
・・・・世帯主が契約すれば子供が起こした事故も補償されます。

というのが特長です。


学者の中には「社会全体で負担を負うような仕組みを考えるべき」とおっしゃる方もありますが、制度が整う前に、この「個人賠償保険」に入ることも考えてみる必要があります

親御さんと離れて暮らしていらっしゃる方は、親御さん向けにこの保険をプレゼントなさったらいかがでしょうか


なお、日本損害保険協会のHP(※)によれば、

補償の対象となる事故例は、

1.買い物中に陳列商品を落とし破損させた。

2.飼い犬が他人を噛んでケガをさせた。

3.子供が駐車場に停めてあった他人の車をキズつけた。

4.自転車で走行中に歩行者とぶつかり後遺障害を負わせた。

5.マンションの自宅の風呂場からの水漏れにより、階下の戸室の家財に損害を与えてしまった。

6.ガス爆発によって、隣の建物を損壊させた。

7.ベランダの鉢植えが落下して歩行者の頭に当たり死亡させた。

等々、他人の「身体」や「財物」に損害を与えた場合が対象となります。

http://soudanguide.sonpo.or.jp/body/q093.html

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事
メッセージを送る