So-net無料ブログ作成

「番頭さん」不在の企業の顛末~兄弟経営が「お家騒動」に [企業経営の風景・裏付けのない経営学]

兄弟4人で経営されていた企業がありました。

長男が社長で、その他の兄弟が従う形でした。
ただし、三男は社外役員で別の企業を運営しています。

ある時、長男社長の経営の私物化が問題となり、次男・三男・四男が反旗を翻し、長男の追い出しに成功しました。

次男社長の下、順調な経営ぶりのはずでした。
実力社長の下、地場でも、一・二を争う企業となっていました。
次男社長の貢献大といったところでしょうか。。。

それから15年以上が経過し、今度は、追い出された長男と三男と四男が気脈を通じて次男を追い出すことに成功しました。

順調に経営されていたはずなのに、ある日突然、次男社長は解任されてしまいました。
その結果、従業員も離散し、営業実態すらない状況です。


「人」「もの」「カネ」とはいうものの、ここまで見事に企業が衰退してしまうとは驚きです。


この企業の弱みは、

①権利を相続した4兄弟のコミュニケーションがうまく行かなかったこと。
どうやら報酬を巡る不満や欲もあったようです。

②何よりも、この兄弟のご意見番がいなかったようです。
いわゆる「番頭」さんがいたらと悔やまれる次第です。

③顧問弁護士も、最初の時は次男につき、今度は長男についたようです。
彼は、経営ぶりをご存じのはずではなかったのでしょうか?

④取引銀行はどうだったのでしょう。
前回は、メイン銀行が追い出された「長男」につき、業況を見ながら「次男」のほうに戻ってきていました。
今度も特に意見も言わなかったようです。
業況が順調だっただけに口が出せなかったのかもしれません。


銀行の役割をもう少し考えることも必要があるかもしれません。
必要ないお金でもあったとしても借り入れをして「決算ぶり」を銀行に報告しながら「経営ぶり」を相談あるいはアドバイスをもらうような関係にしておくこともできたはずでした。

ただ、そういう役目ができる銀行も減ったのかもしれません。


兄弟が多いことはいいことに違いありませんが、経営に関していえば、兄弟が多かったことがこの二回にわたる「お家騒動」を引き起こしてしまいました。


今となっては無念というほかはありません。


nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

「地方創生」っていったい何なんだろう [少し政治的な話を。。。。]

地方に住んでいると、選挙の争点を伝えるものやことの中に「地方創生」というのがあります。

いったいこの「地方創生」のことをどのくらいの方がご理解なさっているのでしょうか?

たぶん、

「地方暮らし」の方々の生活がよくなる

というようなものだとは思いますが、具体的には内容の吟味や検証はなさっているのでしょうか?


ずるずると「なんだかいいことかもしれない」と進められていくことの怖さもある。

バラマキとか特定の方の利益にだけなるような愚は避けたい!


日本には「それぐらいいいんじゃない」が多すぎる。




nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

選挙の時だけ「中小企業」。。。。 [少し政治的な話を。。。。]


参議院選挙が始まりました。

各政党のお話をテレビなどが伝えていますが、必ず出てくるのが「中小企業」という言葉です。


私は、金融の現場でこの「中小企業」と長らく接してきましたが、

〇優良な中堅企業

〇小粒ながら「技を持つ」企業

〇生業的な零細企業

等々、いろいろありました。


各政党が、「中小企業」と呼ぶときには

〇どういう「企業」をイメージしているのでしょうか?

〇中小企業の「経営者」のことなのか?そこで働く「従業員」のことなのか?

〇勢いのある「企業」なのか?後継者もいない「零細企業」なのか?

選挙等の話の中には、時として同じ言葉でも別のものを語っていることもあるようです


そこらあたりを丁寧に聞き取らないと、選挙後には「こんなはずじゃなかった」ということもあるかもしれませんね。





nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

「期日前投票」が早すぎる [少し政治的な話を。。。。]


一昨日(22日)、参議院選挙の公示があったばかりだというのに、昨日(23日)にはもう「期日前投票」のニュースです。

本来なら「選挙期間中」の働きかけぶりを見ながら「投票」するべきものなのに、もう「投票」の話です

また、大学構内に投票所を作ったとかも。。。。


18歳選挙権が実施されるからと言って何も特別扱いをすることもないでしょう。

「投票ありき」というのもいかがなものでしょう。


限界集落の高齢者の中には、投票に行こうにも、

①投票所が遠い

②足がない

等の理由で「選挙に行きたくても行けない人があると聞きます。


若者に対しては、少し過保護すぎませんか!



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

あなたの都合で電話しないでよ! [保険の話]


ここのところある方からよく電話をいただきます。

最初は、先週の土曜日でした。

~どうやら面談のアポイントを取りたかったようです。

次は、翌週の月曜日。

そして、今度は昨日でした。


電話の主は、いわゆる保険のおばさんです。

どうやら契約の更新時期が来ているようです。
なんでも「医療の特約が新しくなったので薦めたい」ということのようです。


どの電話も私が車に乗っている時でした。
カーナビ連動にしているものですから、運転中でもかかってしまいます。
先方にはそういう配慮もありません。


私自身、少しばかり「保険」に詳しいこともあり、正直、電話での説明に魅力も感じません。
DM等で「違いがわかる」ご案内をいただければ、少しは考えるかもしれません。

①ほかにも保険に入っていること

②ここ数年、保険の整理をしてきたこと

から、正直、更新することは考えていません。


その趣旨がなかなか伝わりません。

この特約を申し込むのは今月いっぱいだそうです。
あまりにも検討の時間がありません。

そして、新しい特約の説明ばかりで、

「現状」がこうで、「今後」がこうという説明もありません。

「保険のために生きているわけではない!」

と申し上げておきました。

まぁ、どうでもいいか。。。。


携帯でお掛けになるのなら、ショートメールを使うこともお薦めいたします。





nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

「国の補助金だから。。。」 [どう受け止めたらいいのか]

地方に行くと「必要性のよくわからない」あるいは「身の丈を越えた」箱モノ等の建設が続いています。


「国の補助金で建てるんだからいいじゃないか!」


こういう発想がまだまだ跋扈しています。



しかも、そもそも高い予算が、補正で追加されています。

資材高騰が原因だとか。。。。


「裏金が動いている」という噂も絶えないようです。

ある意味業界の常識とか。。。。


町で出会った若者曰く「身の丈に合ったものでよかった」と。


こういう話題はマスコミでは報じられません。

「景気浮揚の一環だからいいじゃないか」というにはインチキすぎますね。

みなさんの税金はかく使われているのです。


マスコミや会計検査院の鋭い分析に頼るしかないでしょう。


国の財政への不安が絶えない中、「補助金」の在り方にももう少し知恵や工夫が必要ではないでしょうか!



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

舛添さんよりもひどい「地方の首長(市町村長)」の行動 [みんなうすうす気づいている]


舛添都知事がついに退任のご意向を表明なさいましたね。

まぁ、あの「せこさ」に呆れられたのが本音ではないのでしょうか?


ところで、私は、今、ある田舎町で暮らしています(東京都行ったり来たりですが)。

そこの町長さんは、ある種のマスコミや地元紙では有名な方ですが、住民(町民)の方に聞くと本当にあくどいことが多いようです。

箱モノ建築のキックバックや役場職員の採用に当たっての云々や我田引水的な行政ぶりが目立つようです。



「地方消滅」とか「地方創生」という言葉が遊ぶ昨今ですが、実態をもっと掘り下げる必要があります。
「週刊文春」や「週刊新潮」などが切り込めば、地方の実態がもっとよくわかってくるはずです。


なぜ地方が立ち遅れてしまったのか?

それはこういう悪どい「町長」などの政治屋が跋扈しているからです。


今朝(16.6.16)のNHKの番組では、「地方創生」がうまくいっていないという話題を伝えていました。

私が今いる自治体の「地方創生案」とついては

住民の人たちの多くがその内容を知らない

町議会の議員さんも、決定までに参画していないし、説明できる人はいない

そもそも「住民生活の向上」に何らつながらない


たとえば、

①国会議員現職が選挙に強い地域

②地方創生担当の石破大臣の地元

などのことを調べてみると「日本の恥部」の一端が見えてくるかもしれません。



「一票の格差」とか「地方消滅」と言った話よりも虫眼鏡で見るようなことも必要かもしれません。






nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事
メッセージを送る