So-net無料ブログ作成

「拙速」な仕事は人材が育たない [仕事についてのエトセトラ]

最近は「働き方改革」などという言葉が伝わってきます。

あるいは「大手広告代理店の若手社員が。。。。」という話もあります。

それぞれ詳細はよくわかりませんが、一つだけ言えるのは、「個々の現場ではどんな仕事ぶりなのか?」ということがよくわからないということです。


銀行の仕事というのは、何でもかんでも「稟議決裁」が必要です。
独断でできる仕事というのは「パターン化されている預金テラーの仕事」などとても少ないのが実情です。


私が副支店長だった時、ある支店長は、「拙速でいいから早く稟議をかけ!」が口癖でした。

たぶん、「形が整っていればOK」「まずい場合は差替えを求める」というスタンスだったのです。

なんとなく「決裁が早い」ように聞こえ、また、部下は楽に見えますが、間に入る中間管理職(例えば直属の上司である融資課長など)はたまったものではありません。
「組み立て」とか「書きっぷり」とか「調査不足」を指導することができません。

担当者も「どうせ支店長は決裁してくれるから」と考えてしまうので、途中の「指導」など軽視してしまいます。

当時の融資部門は、担当者→課長→副支店長→支店長の順で決裁が行われていました。

担当者から出発しない(例えば支店長の押印だけ)稟議は、検査等で不正を疑われてしまいます。


トップである支店長が「拙速でもいい」と言い切ってしまうと、稟議そのものが「雑」あるいは「粗い」ものとなってしまい、結果的に延滞貸し出しなどに陥りがちなのも事実です。


ある時、これではいけないと、支店長に「検討会をしましょう」と難案件(明らかに担当の調査不足があった事案)の時提案したのです。


大雑把に把握している材料で議論をするのです。
そして、そこで、「骨組み」(スケルトン)というか「稟議の組み立て」を行うことにしたのです。

私の狙いがわかったらしく、支店長が乗り気だった事案(案件)だったにも関わらず「融資不可」になってしまいました。


稟議制度の欠点は、決裁が何度も繰り返されるため、
①結論が二転三転してしまうことがある
②過剰品質になることがある
ことです。


その時を契機に、難案件あるいは私が納得がいかない(迷う)案件は「検討会」に持ち込むということにしたのです。

最初は戸惑っていた部下も、「稟議の組み立てがわかりやすくなった」とそれなりに好評になったのは言うまでもありません。


支店長になってから心がけたのは、

①まず、スケルトン(全体像と結論緒組み立て材料)の整理

②スケルトンレベルでの合意形成

③スケルトンへの肉付け

という仕事の仕方をパターン化しました。


また、「給料の高い者ほど遅く帰る」を徹底したことで、部下の残業がずいぶん減りました。

「給料が高い者(偉い人)」が後に帰るということは、その日のうちにすべての仕事を完了させておく目的です。

最初は「本当に先に帰ってもいいのですか?」と疑っていた部下も、そのうち「お先に失礼します」と言いながら平気で上司より先に帰るようになりました。


このためには、一人一人の「仕事のやり方」あるいは「結論の出し方」をパターン化したことです。

まぁ、最初に答えを決めてしまうようなものですが、そのうち部下も「こういう風に考えればいいんだ」と案件処理の組み立て方に慣れてきます。


「働き方改革」あるいは「残業が多い」という時には、並行して「どういう仕事のやり方なのか?」「どういう仕事のやり方を求めるのか?」を考えておく必要があります。

そうでないと、「要求水準に応えられない」あるいは「稚拙なままな仕事」が生まれていくような気がします。


不幸な結果を招かないためにも、人材を育てるためにも「仕事のやり方・考え方の仕組みづくり」が必要なのです。

さてさて、あなたの職場はいかがですか?





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

ユニクロの「やまびこ挨拶」が消えていた [どう受け止めたらいいのか]


先日、久しぶりに「ユニクロ」に行きました。
都内最大級と銘打つ路面店です。


ふと思ったのは、三つ。

一つは、「やまびこ挨拶」が消えている。

※一人が「ありがとうございました」と言うと店員さん全員が「ありがとうございました」と声を揃えて復唱していた挨拶です。

「違和感」たっぷりの変な挨拶ぶりが消えていたのです。

レジの店員さんにこのことを言うと、彼は苦笑いをしていました。


一つは、明らかに店員さんの様子が変わってしまったことです。

一時期よりも良くなったとはいえ、「緊張感がなくなった」ということです。
特に「お客さんを見ていない」店員さんが増えたということです。
あるいは「店員に向けた挨拶が多くなっている」ように見えてしまいます。

一時期に比べ「店員さんの私語」は減りましたが。。。。


一つは、客層が変わりつつあるということです。

時代の変化に連れているのか、「ご高齢のお客様」しかも「男性」客が増えたということです。
長い間、消費の第一線では「女性」「若者」という言葉がキーワードだったような気もしますが時代の要請なのでしょうね。


私は、1990年代後半からのユニクロファンですが、そういえば私もすっかり年を取ってしまいました。


おそらく気のせいでしょうが、北欧から進出した「大規模家具屋」さんもずいぶん店員さんの様子が変わりました。
「フレンドリー」というよりは「緩い」という印象です。

時代が明らかに変わってきたのでしょう。

こういうお店の流行り廃りは、

①商品
②働いている人の様子
③お客さんの状況

でも伝わってきたりするものです。


「企業20年説」という言葉があります。
こういうタイミングをどう乗り切るかというのも長寿命の企業の成功の秘訣かもしれません。




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

「上から目線」ウエルカム~スマホ故障の「修理」→正確な知識はどこに? [仕事についてのエトセトラ]

スマホが故障したので、結局「修理」に出すことにしました。


「交換」するのか?→3,000円
「修理」するのか?→5,000円

どちらにするか悩みました。


携帯会社のコールセンターの説明では、

①私は、月額380円のサポートメニューに入っている。

※年換算では4,560円です。

②「交換」とは、新品と換えるのではなく、同種同等のものと取り換える(所要日数1日)こと。

※「機種変更」などで回収したものを利用するようです。

③「修理」とは、不具合箇所を修理するもの(見積1週間、修理1週間)。

※私の場合は、
・ケース(外装)に傷があるので新品と取り換える
・回路に不具合があるため新品と取り換える
・電源スイッチに不具合があるので取り換える
ということのようです。

④「電池」はどうなるのか?交換はしないのか?と聞くと、

「交換」の場合は、電池容量を確認したものなので問題ない。

「修理」の場合は、電池の消耗が早くなったのは回路の事情によるもので、交換は不要。

との説明です。

⑤私より、
●今回の故障は「電池」が「急速に消耗」「急激な温度上昇」という不具合もあった
●S社のスマホは「燃える」「爆発する」という問題も浮上している最中だ
●従来の携帯は自分で電池交換ができたが、今のスマホは内蔵型であり「修理」に出さないと交換できないはず。その時にまた「料金」と「日数」がかかるのは無駄である
と申し上げました。

⑥この話を聞いたオペレータさんは、
●電池交換もやっておきます
●料金は変わらないです

⑦私は月額380円のサポートメニューに入っているので、

●年二回までの「交換」が可能(料金は3,000円)
●一回の「修理」代金の上限は5,000円

とのことでした。


今回のやり取りの中で、携帯会社のオペレーターの皆さんは、終始穏やかで丁寧な(どちらかというと丁寧語が多い)対応でした。


しかし、内容的にはさっぱりわからないものでした


私が先方の話を整理しながら「こういうことですか?」と聞きながらやっとわかった次第です。


「故障」と「修理」の違いがよくわからないので、「あなたのようなプロなら今回のような場合はどちらを選びますか?」と聞くと、

個人的な意見は申し上げられない

と紋切り型の回答です。(おそらくマニュアル的には正しいのでしょう)

あなたに責任とれとは言わないので率直に言ってほしい」とお願いすると、「私なら『修理』を選びます」との回答でした。

彼女がなぜ「『修理』を選択するのかはよくわからない」ままです。


ただ、私は、「電池が新品になる」ということで「修理」を選びました。


故障がひどくなる過程で対応してくれたオペレーター氏の一人は、とりあえず修理に出し、「交換」費用と「修理費用」を比べて対応されたらどうか?と提案してくれた人がいました。

今考えると、私の場合は、どんなに修理をしても5,000円だったのです。


別のオペレーターからは「修理」という話は出てきませんでした。「交換」されたらいかがですか?と。。。。


なぜこんな「わかったようなわからないような話」になってしまったかというと、言葉遣いは丁寧なるも、「本当のこと」を皆さんご存じなかったということです


上から目線でも何でもいいので、「本当のこと」に詳しい人が私は好きです


スマホを取り扱う携帯会社があり、携帯電話を作るメーカーが別にあることも話をむつかしくする原因のようです。

※サポートセンターは携帯会社の人です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

「5時に夢中!」がおもしろい [みんなうすうす気づいている]


私の毎日の楽しみの中に、

「5時に夢中!」(TOKYO MXテレビ 17:00~18:00 「ゴジム」と呼びます)

http://s.mxtv.jp/goji/

を見ることがあります。


下世話な話題が多いような気もしますが、

●こんな切り口があったのか

●皆さんこんなことを考えていたんだ

とおもしろく、また興奮してしまうこともあります。


私は録画して後で見ていますが、ニュースから見る世相をうまく切ってくれます。

日替わりコメンテーターの本音トークっぽい語り口には「知的レベル」が高いという安心感もあります。


そして、進行役の「ふかわりょう」のテキパキ感がうまく番組を作っています。


メジャーなテレビや新聞に飽きた「知識人を自負なさる方」には特にお薦めです。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

胡散臭い話(県の「部長」が話していた)を信じている経営者 [仕事についてのエトセトラ]


昨日(2016.10.26)は、ある企業の会長さんから電話をいただきました。


県の部長から「お宅は優良企業なので、特別な制度があると言われたけどどうだろうか?」と。

その話は公開された情報ですか?」と私。

いや、公開されていないが、部長のみが知る特別な情報らしい」と会長。

豊洲とかオリンピックとか公務員の仕事ぶりが話題になっている時期でもあり、今はその手の話はさすがにできないと思う。胡散臭い話なのではないのか?社長(息子)さんとよく相談してほしい。」と私。

会長「もう一度部長に聞いてみる

部長じゃだめですよ。担当者に聞いた方がいい。あるいは取引銀行に聞いてみるのも手です。」と私。

会長「上の人でないとわからないと思う。

私「だからこそ担当に聞いてみてください。公務員の仕事は隠されていてはいけない。美味しい話は公開されているはずです。


この「部長」って誰なのか?

部付き部長」のような人も肩書上は部長なのです。
まだ、こういう「あなただけ特別」的な話をする人があるのかと思う。

おそらく、この会長に食事くらいはごちそうになった席での話ではないかと思う。


この会長の口癖は、

ある上場企業の役員
大学の教授だった人
霞が関の役人・・・・

と「情報」という枕詞がよくついています。

「おかげで儲かった」という話は聞かない。。。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

「領収書は利用されますか?」と言われても。。。。 [どう受け止めたらいいのか]


最近、買い物をすると

「領収書を利用されますか?」

とレジで尋ねられることがあります。



あのレジの機械から出てくる「計算書」を「領収書」だとおっしゃっているようです。

確かにコンビニなどでは「あの小さな紙ですら受け取らない」方も多いようです。

※どうせ捨てられるのなら「確認した方が。。。」ということだとは思いますが、なぜかあの質問にはどう答えていいのか戸惑ってしまいます。



まぁ、せっかく機械から出てくるのですから、

何も言わずにお渡しされたらいかがですか!店員さん

せっかくいただいたのですから、買ったものをご確認されたらいかがですか!お客様


そういえば、5万円を超えた領収書に印紙を貼ろうとなさらなかった方もいらっしゃいました


日本では、昔から、お金のやり取りにはやかましい人が多かったのです。

多くの企業では「領収書」がないと経費の支払いに応じてくれません。


「白地」とか「代筆」とか「同一筆跡」とかもダメなところが多いようです。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

目まぐるしく変わる「ニュース」に戸惑う [どう受け止めたらいいのか]


先日、「阿蘇山噴火」のニュースがあったと思ったら、今は「鳥取の地震」。

殺人事件も次から次へ。。。。


そういえば「築地の豊洲移転」の話はどこに行ってしまったのか?


時間があって「テレビやネットをよく見る」ものですから、時の移ろいに思わず戸惑ってしまいます。


バリバリ働いていて「世事に疎い」ほうが幸せなのかもしれないですね。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

「物価高」・・・儲かっているのは誰? [どう受け止めたらいいのか]

今日(2016.10.23 )は朝から,

野菜が高い

イクラが高い

と物価上昇に「困った」的なニュースを流していました。

※夕方の「報道ステーション」でもそうでした。

「台風被害」と「ここのところの日照不足」が主な原因だそうです。



ガソリンスタンドに行くと、ガソリンも急に上がっています

近所のスーパーに行くと確かに野菜(特に葉物野菜)が高いようです。


北海道の台風被害が目に浮かびます。



ところで、だれか儲かっている方はいらっしゃるのでしょうか?

アベノミクスでは「物価上昇」を目標としていますが、このように「誰も利益を取らないコスト増による物価上昇」を政策効果と呼ぶのでしょうか!?


「利潤拡大」のない物価上昇で世の中がよくなるとは思えません。

株式相場にしても、実体経済の長期トレンドを反映したものとも思えません。
短期的なディーリング相場の中で、日銀・年金によるいわばPKOによる影響も見逃せません。



多くのエコノミストの皆さん!

そろそろお手元の教科書を見直されたらいかがでしょうか?

かつては、

●高度成長の中での物価上昇であったため所得効果も認められた

●「発展途上国」を犠牲にしながらの先進国経済であった

●格差社会が厳然としていた

というような前提条件がありました。


今はどうでしょう。。。。

こと日本についていえば、

高齢化社会を迎えた

利益率の低いサービス業が主流となった

年金等の将来不安

という特徴があります。


今まで通りの経済政策論でいいとも思えないようです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

新宿は「今日はお祭りですか?」と聞きたくなる [どう受け止めたらいいのか]


携帯も持たずに、昨日は11時に新宿南口で待ち合わせでした。

うまく会えるか?

一応、電話番号をメモして外出しましたが、公衆電話がなかったら終わりです。


新宿は「人の波」(「人混み」)、

漫才調でいうなら、「今日はお祭りですか?」状態でした。


南口~西口~歌舞伎町~ゴールデン街~南口

と一周してきました。



買い物客が多いのかどうかはよくわかりませんでしたが、とにかく人が多かったです。


歌舞伎町では、短髪ジャージ姿の集団の後を歩くことになってしまいました。

※コマ劇場のところは立派なビルに変わっていました。

先々で「ごくろうさんです」と挨拶される御一行様の後ろを歩くことに。。。。


何とも言えない新宿ウォーキングでした。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

「スマホ」故障! [どう受け止めたらいいのか]

3日ほど前から「スマホ」が故障してしまいました。

症状は、

電話を受けられない

 ※昨日からは音もならなくなりました。

電話が掛けられない

一昨日から電池の消耗度合いが早い


さて、皆さんならどうなさいますか?



私の場合は、

1.1昨日は、キャリアのコールセンターに電話をして指示を仰ぎました。

①有償ですが、「交換」ができる → 今日電話で申し込めば一両日で同じものを届ける

②「SIMカードの抜き差し」「電源の再起動」をやってみなさい。

③「オールリセット」(初期化)をしたら治ることもある。

④「SIMカード」の異常かもしれないので、最寄りの「代理店」(買ったところでもなくて可)の店頭で見てもらってほしい。

とのこと。

昨年の7月に機種変更したばかりですが、1年以上経っているので「有償」とのことでした。
買った当初から「電話が取りにくい」「液晶が時々揺れる」という感じはしましたが、「正しい姿」がわからないことからそのままにしていました。


2.昨日は、近所の代理店を訪ねました。

SIMカード」は交換の必要がある(無償)とのことで、交換してもらいました。

※状態は変わりません。とうとう電話がかからなくなってしまいました。


3.再び、キャリアの「コールセンター」に電話をして確認です。

①「交換」という方法はある。

②「修理」という方法もある。

※とりあえず修理に出すと、見積もりに1週間、修理に1か月くらいかかるようです。
修理中は、代替機を貸与する。
「修理見積もり金額」を確認したうえで、「交換」費用を超えるようだと「交換」を勧めると。

最近は、電池も内蔵なので1年半くらいから劣化が始まり、ゆくゆくは電池交換が必要(自分ではできない)とのこと。

さてさてどうしたものか?と迷ったものの、ご担当者ご推奨の「修理」→「交換」を比べることにしました。


4.電話帳などの「データバックアップ」をアプリに従いSDカードに保存しておきました。


しかし、上手くバックアップがされてなかったらいけないので、「電話番号だけは、書き出す」ことにしました。

たぶん無駄な作業だとは思いますが、不幸な結果にならないためにも、少し手作業をしてもいいのかなという気分です。


うーん!「かったるく」なってしまいました。
明日は修理に出そう!







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

「レンタルビデオ」を返すストレス [一人合点の「いい加減な話」]

この1週間は「暇」(時間の余裕がある)ということで、近所のレンタルビデオ屋で、DVD6本を7泊8日で借りてみることにしました。

毎日1本見ればいいんだから簡単簡単と思っていたら、やはり今回も返却日に追われるストレス状態に陥ってしまいました。

暇だったはずが、何かと所用が入り、また、見たいテレビ番組も多かった(含む録画)ことから、件のDVDを見る余裕がありません。

昨夜、一昨夜と「夜更かし」+「早送り」で見ることになってしまいました。

料金の関係もあり、たくさん借りてしまう愚を犯してしまうのですが、また今回も同じ失敗を繰り返してしまいました。

「安物買いの銭失い」

ならぬ「欲張り借りの暇失い」になってしまいました。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

「ふるさと納税」とか「移住」とか競うだけでいいのかな [みんなうすうす気づいている]


なんだかうんざりしてきました。

「ふるさと納税」

「移住」

ニュースの伝え方は、「その数を競う」ことに比重がかかっています。


地方に行くと、「住民生活の向上」にはあまり寄与していないような気分になってしまいます。



人の気持ちを「政治」や「マスコミ」のおもちゃにしてはいけない。


「地方の人口減」の状況をよく見ると、「転出」が多かったりします。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

「麻栽培で町おこし」の会社代表のこと [どう受け止めたらいいのか]


昨日(2016.10.17)のことでした。

「麻栽培で町おこし」の会社代表を逮捕 大麻取締法違反の疑い

という記事が多くのニュースで取り上げられていました。


鳥取県の田舎町で「産業用の麻」を栽培していた会社の代表者と従業員が「違法な大麻」を所持していたという事件です。

ネットでは、「麻栽培 町は興さず 罪犯す」などとも評されているようです。


実は私は彼にあったことがあります。

「地方創生」の現場を見に各地をふらふらしている時に彼の自宅を訪ねたのです。


彼と奥様にお話を聞きました。

彼が言うには、「うまく行っていない」ニュアンスの一言でした。

私は「人の倍働くつもりでやらないとうまく行かないでしょう」と申し上げてこの家を後にしました。


この町は「行政が前のめり」になって移住者を呼び込んでいます。

移住者のライフプランなどお構いなしに、「移住者数」を競いでもするかのような町長様です。


今回捕まった彼は、「町の行事」や「講演会」などに引っ張り出されていたようです。

まだ立ち上げたばかりなのに早い!」

というのが私の率直な感想でした。


おそらく「生活できない」状況だったのでしょう。

そして「禁を犯した」と。。。。。


「地方創生」とか「田舎暮らし」とか「移住」というのは、マスコミが取り上げるほどロマンチックなものでもないようです

この地域では他の移住者の方にも話を聞きました。
行政の支援がなかったら暮らしていけない」と。


おそらく「困りごと」を相談するところもないのでしょう。
ネットではヒーローのように扱われていましたし。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

「移住」ブームの陰にあるもの [みんなうすうす気づいている]


昨今の地方自治体の話題の一つに「移住」というのが必ずあるようです。

自治体によっては「移住者数」を誇りになさっているところもあるようです。

※移住者数の統計があるのかどうなのかよくわからないですが、移住者数自慢の自治体も多いようです。



最近、(行政が移住に前のめりの)ある田舎町で若い移住者の方々と個別にお話をしました。

〇補助金が出なくなったら生活していけるかどうか不安

〇自治体の応援もあり起業したけどうまく行っていない

〇「子どもの教育」ということで移住してしまったが、「子どもが大きくなってからのこと」を考えていなかった

※「自然保育」に惹かれて移住した。

〇私は「ここを『ふるさと』にしようと思い自ら家も建てて住んでいるが、最近違和感のある移住者が増えており、ひょっとしたら引っ越すことも想定しなければいけない」と最近の移住者増に迷惑顔です。

この地を移住先に選んだのは、「移住相談会」での受付の人の話がとても興味深かったからです
でも、その人は、「相談会の説明を業とする人でこの町にはいない」とも。

※そういう聞き方をしたからかもしれませんが、皆さん悲観的あるいは忸怩たる思いを抱えていらっしゃるようです。


そして、この町ではとうとう事件が起きてしまいました。

「起業した移住者」さんが夜逃げしてしまった

のです。
その会社のホームページもすでに閉鎖されています。


「移住」も人生の選択肢の一つではありますが、「ライフプラン」に少しだけ思いを馳せた方がよさそうです。


とかく「近隣との付き合い」を移住の課題に挙げるマスコミも多いようですが、実態は、

経済的にやっていけるのか!」

これが最大の課題のようです。


迎え入れる「自治体」の言葉は、「ほっ!ほっ!ホタルこい!」状態かもしれません。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

「結婚できない男たち」考 [一人合点の「いい加減な話」]


「婚活」という言葉が少し控えめになったような昨今ですね。

何年も前のこと(たぶん30年くらい前のこと)でしたが、ある週刊誌にこんな記事が載っていました。
丸の内のOL300人に聞きました 結婚したくない男性はどんな人ですか?」
(注)ひょっとしたら100人だったかもしれません。

身長とか体重とか頭髪の状況とかの形態的な部分は除くとして、皆さんならいかが思われますか?
もしあなたが女性なら、こんな男性とは結婚したくない
もしあなたが男性なら、こんな男性には娘を嫁にやるわけには行かない
というタイプはありますか?


うそをつかない」「やさしい」「包容力がある」「明るい」等々を思い浮かべる方もいっらしゃいますでしょうね。


全部は覚えていないのですが、ワースト3は今でもはっきりと覚えています。
順番は忘れましたが、、、、、
優柔不断
マザコン
不潔
の三つが上位でした。


優柔不断・迷う

つまり「決めない」「決められない」「決まらない」人ということでしょうか。。。。
「迷う」とも言います。

うーん!私ならイライラしてしまいます。
「だから私がいなくちゃ」とそこをいとおしく思ってくださる女性もいらっしゃるかも知れませんが。。。。。。。

また、「優柔不断」ではないものの「悩ましい方」の中には、
①言葉に論理性がない
②思いつきのような言葉の遊びが多い
③大きな声では言えませんが「うそ」が多い
という言動が目立つこともあります。


マザコン(結論を持たないタイプ) 

丸の内のOLアンケートでは、結婚相手にしたくない男性の上位には、
「マザコン」というのが挙げられていました。

冬彦さん状態のことを「マザコン」というのかもしれませんが、
小生なりに「マザコン」を定義すると、「具体的な結論を持たないで相談する人」ということでしょうか。。。。。。

たとえば、AさんがB子さんと結婚したいと思ったとき、お母さんに相談する場合。

☆普通の人
 Aさん 「お母さん、B子さんと結婚したいんだけど、いいかなぁ?」
 母   「B子さんってどんな人?つれてらっしゃいよ」
 などといった会話が弾むのではないでしょうか。。。。

★マザコンの人
 Aさん 「おかぁさん、結婚してもいい?」
 母   「だめぇー まだ早いわよ」
 などと会話が総論反対になってしまいがちです。

実際の会話がこんな風に交わされるのか定かではありませんが、
この「話の具体性」がキーポイントです。

相談する人の多くは、(実は)すでに結論を決めてらっしゃるようです。
「こうしたい!」と考えていらっしゃるのです。
その結論について背中を押してもらうために相談する方が多いようです。
迷っていてアドバイスが欲しい時でも、結局は、決めるのはご本人です。

結論を誰かに決めてもらうのが「マザコン」で、
結論を自分で決めるのが「普通の人」ではないかと思います。


結婚相手を選ぶということは、人生の3分の2を一緒に暮らす人を選ぶのですから重大事です。

①自分で考える
②自分で結論(案)を想定してみる
③人の意見も参考にする
④自分で出した結論が説明できる

こんな訓練も日常生活の中に必要かもしれません。


「不潔」とか「汚い」とか 

丸の内のOLのアンケートでは、「結婚したくないタイプの男性」の上位には『不潔』というのが挙げられてました。

「不潔」というと、
①身なり
②部屋とか机の周り
③金銭関係
④女性関係
⑤仕事のやり方
等々が汚い
ということなのでしょう。
最近では、「品がない」という言い方も好んで使われますね。
もし、口から出るとしたら「ずるい!」という言葉もありますね。

逆に、こういった点が「清潔」「さわやか」だと好感が持てるということでしょう。


また、今回もつまらない話を書いてしまいました。

男と女の間には、
 蓼食う虫がいたり、
 深い川があったり、
理屈では説明できません。


※実は、この話は、「成功する経営者像」を説明する時の話として多用していたものです。「企業経営者像」「行政トップ像」「上司像」として考えていただいたほうがわかりやすいかもしれません。


現実の結婚話は、いろいろな事情もあるのでしょう。
特に「秋の空」のように「女心」はなかなか男の私にはわかりません。
高い「理想」が時には邪魔することもあります。

 

かつては、「お見合い」という「出会いの場」があり、後から恋愛がついてくるようなこともありました。
あるいは「職場〇〇」と言って、「毎日がお見合い」状態に置かれていたこともありました。


しかしながら、男と女の間にあるものにはそんなには大きな変化が起こっているとは思えません。

もし、救いの神が男たちに舞い降りるとしたら、

「女性は太陽」である
「一生懸命な姿」に恋してくれる天使もいる

ということでしょう。


「婚活パーティー」なども「ねるとん」というテレビ番組が時代を作り出したものかもしれません。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

「長寿命化工事」 [一人合点の「いい加減な話」]


「築地の豊洲移転」
「オリンピック」

などで、「どうした?東京」が目立つ昨今ですが、東京の街を歩いていたらこんな看板に出会いました。

PA143834-01.JPG


長寿命化工事」です。


こういう地道な工事をやりながら末永く「街の趣」を伝えていってほしいものです。

おそらくこういう工事は日本の至る所で行われているのでしょうが、「一体何をやっているのか?」わかりにくいのも実情です。


プロセスの公表」「見える化行政


そういえば、今年の春から似たような言葉をよく聞きます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

「東京の人は冷たい」のか? [どう受け止めたらいいのか]


地方、特に中国地方や大阪周辺の方とお話しすると、

〇東京の人は冷たい

〇東京の人はよく歩くし、しかも早い

とよく言われてしまいます。


「わたしがそうだ」ということではなく、「自分が東京に行ったときに感じた」ということのようです。


確かに、「東京の人はよく歩く」ような気がしますが、

「冷たい」ということについては、

〇広いのでピンポイントではわからない

〇「旅行者」「出張者」「進学や就職や転勤で上京したばかり」という東京を不案内な方も数多い

ということがあるのではないでしょうか。。。。。



私の感覚では、どちらかというと◆◆地方のほうが冷たいような感じはします。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

「カジノ」はいらない! [少し政治的な話を。。。。]


NHKのニュースによると、

カジノを含む複合型観光施設の設置を目指す超党派の議員連盟の総会で、大阪府をはじめ施設の誘致に取り組む自治体が、「経済成長や観光振興につながる」などとして、国内のカジノ解禁に向けた法案の早期成立を要望した

と。。。。


1.日本の文化に「カジノ」は不要

2.「カジノ」より優先しなければいけないことはたくさんある

と思いますが、皆さんはいかがでしょうか?


なお、

東京都、和歌山県、大阪府、大阪市、北海道、長崎県、長崎県佐世保市

も積極的だそうです。


推進議員の方は誰なのか?ご存知ですか。。。。。


「カジノ」はいらない!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

物価が上がることを喜ぶ違和感 [どう受け止めたらいいのか]


石油価格が上がり始めました。

アベノミクス的には大歓迎なのでしょうか?


「物価が上がる」ことを喜ぶような経済政策にはなんだか違和感があります。

特に、人件費が上がるのではなく資材価格が上がる」ということならなおさらです。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

「4時間の運転ごとに30分休む規則」というのはたいへん [どう受け止めたらいいのか]


香川県で「お祭りの隊列に大型トレーラーが突っ込む」という事故が10月8日にありましたが、

大型トレーラーの会社では、

「4時間の運転ごとに30分休む規則も設けている」

と説明しているようです。


4時間の運転というと、

高速道路なら時速100キロで走ると400キロに一度休憩

一般道路なら時速 50キロで走ると200キロに一度休憩

ということになります。

※ちなみに東京から名古屋までが300キロくらいです。


皆さんはこういう運転ができますか?


私の今までの経験では、さすがに300キロノンストップが限界でした。

トイレは?体の疲れは?などを考えると、いかにプロとは言え、無茶な走りと言えるのではないでしょうか?

かくして「死亡事故」は起こったのです



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

「地方創生」は検証が必要 [鈍感日本人への警鐘]

切れ味の鋭くないタイプの大臣が続く「地方創生」。

地方ではどうなっているのでしょうか?


私が知っている地域では、まるで「砂に水を撒くように」補助金が使われています。

「補助金が貰えるのなら何かやろう」

と「補助金」ありきで「事業計画」や「事業目的」や「事業の納得性」はおまけです。



「税金が上がる」、「年金が減る」等々が叫ばれる中、こういう新しいテーマからチェックしていくと、古い話にもメスが入るはずでしょう。


※「築地の豊洲移転」「オリンピック」などは新しい出来事だからわかりやすいのです。
こういう問題がクリアになっていくと、古くから政治的慣習として行われることにメスがいれやすいと思うのです。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

交通事故、必ず「原因」を公表してほしい [どう受け止めたらいいのか]

また、痛ましい交通事故のことが報じられています。

昨日(16.10.8)の朝のニュースでは、石川県で野球の試合に向かうマイクロバスに乗っていた中学生二人が死亡したと。。。。

全国的には交通事故の死者数は減少したとはいえ、何よりもお亡くなりになった子供たちの無念さ、ご遺族の悲しみの大きさは何時の時代も変わらないと思います。


事故のニュースを聞くたびに思うのは、「原因は何だったのだろうか?」ということです。


今回の事故も「センターラインオーバー」が直接の原因なのでしょうが、車の損傷の状況を見る限りは、明らかに「スピード超過」だと思います。


どうしてそんなにスピードを出さなければいけないのか?

特に「制限速度」程度のスピードで走ると、車間距離を詰められ、「なんだか悪いことをしている」ような錯覚に陥ることもあります。


私は、昨年(2015年)の1月、追突事故に遭いました。
工事用の赤信号で停車していたところに猛スピードの車がブレーキも踏まず突っ込んできたものです。
信号を待つ私の車のルームミラーには猛スピードの加害者の車の姿が写っていましたがどうすることもありません。


救急車で運ばれた病院では、CT撮影をしただけで「異常はない」との診断でしたが、頬には血がにじんでいたにもかかわらず「触診」も「問診」もありませんでした。

後日、自動車ディーラーの担当者や友人の医者に「事故の時の写真」を見せたら、一様に「よく死ななかったものだ」と言われてしまいました。

死ななかっただけでも幸いだったのかもしれませんが、友人の手配で、眼科検査、MRI撮影を行い、「入院」「手術」をすることになってしまいました。


私の車は半回転して反対車線の道路端のお宅の車庫と石垣にぶつかってしまいました。
加害者の車は、SUVで、前部が大きく損傷しエアバックが飛び出していました。


事故当時、警察を交えて加害者と話した時、

①「ぼーっとしていた」とのこと

奇しくも、昨夜香川県で起きた死亡事故では、運転手は「ぼんやりしていた」と供述しているようです。

②制限速度をご存じなかった

制限速度は40キロでしたが、加害者は60キロだと思っていたと。
おそらく80キロ以上のスピードだったのでしょう。


情けないのは、加害者からは、お見舞いも謝罪もないことです。

実は、この時、加害者の生活ぶりを知ってしまいました


交通事故。必ず「原因を公表」してほしいものです。
そうすれば、事故防止対策も出てくるものです


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

5年後、10年後の「絵」は描けますか? [仕事についてのエトセトラ]


9月のとある日のことでした。
ご商売をしている先輩のところを訪ねたら、息子さんの話を聞きました。


息子さんの今の職場は、「仕組みもなく」何でもかんでも息子さんに仕事が回ってきてしまうとのことでヘトヘトとのご様子のようです。

息子さんが「辞めたい。」と涙目で相談してきたので、「辞めたほうがいい。うちの仕事を手伝ってもいいよ。」と言ったものの、息子さんも最後の「踏ん切り」がなかなかつかないとのことでした。


5年後、10年後の絵は描けるのか?」と話してみたらいかがですか?

と提案したところ、息子さんからも「考えてみる」と少し前向きな回答があったようです。



昨日(10月7日)、先輩を訪ねたところ、息子さんが事務所にいらっしゃいました。

退職に向けて休暇中だと。


かくして後継者もできたようです。


決め手は不明ですが、先輩が最近「5年後、10年後。。。」を多用されるところを見ると、少しは私の提案も役に立ったかもしれません。

※それにしても「親に相談できる」親子関係がうらやましかったりします。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

過去1年の自殺未遂者が53万人 [どう受け止めたらいいのか]

ラジオの番組で、コラムニストの深澤真紀さんが「自殺について」話されていました。


日本財団が16年9月8日に発表した

4人に1人が「自殺を考えたことがある」、「自殺未遂経験」53万人

という「自殺意識について4万人の大規模調査」を踏まえたコメントです。

http://blog.canpan.info/nfkouhou/archive/786


彼女の話を拾い上げてみると、

1.過去一年以内に自殺未遂を経験した人の推計が53万5千人

〇多すぎる。

〇世界的には「自殺未遂者は自殺者数の10倍」と言われている。日本の自殺者は2万4千人くらいなので本来なら24万人くらいの自殺未遂者なので、53万人ということで世界の中でも自殺未遂者が非常に多い。

〇自殺は「天気が悪い国」が多い。鬱になりやすいので。。。
韓国、東欧、ロシア等々。
日本自体は気候のいい国なのに関わらず自殺が多い。

〇この調査では「4人に一人が本気で自殺をしたいと考えたことがある」「5人に一人は身近な人を自殺で亡くしている」。私たちはかなり身近に自殺がある。

〇家族、健康、経済、アルコール依存とか問題がある人が多いのはもちろんだが、日本が特殊なのは「他人に頼れないと思っている人が多い」。自殺をしたいと思った人の75%は「相談しない」。自殺未遂をした人ですら「50%は相談しない」。

〇10年前の調査「自力で生活できない人を政府が助ける必要はない」と思っている人の割合は日本が38%と世界では一番多い。自己責任と言われているアメリカですら28%である。

〇日本は「素晴らしい国」「おもてなしの国」と言っているが、一方では「困っている人を助けなくていい」と思っている社会。

〇自殺に追い詰められてまで「人に頼らない」「相談もしない」「自分で生活できない人を助けなくていい」という自分にも他人にも厳しい選択である。

〇これは「世間に迷惑をかけてはいけないという」言葉に原因がある。

〇「世間」という言葉は外国語にない。翻訳できない。

〇「世間」は「自分が加わっている村のようなもの」。「社会」というのは「個人がまずあって、個人個人が集まっているのが社会」

〇「世間」は「自分が理解できる人しかいない」、「社会」は「自分が理解できない人もいるから社会」

〇何かというと謝罪する時に「世間をお騒がせした」…騒がせたことが悪いと思っている。「そんなの世間では通用しない」…その「世間は狭い」。

〇犯罪が少ないのは事実で「世間の目が厳しいから」かもしれない。

〇「世間」を中に隠しながら「社会」を生きている。
・・・日本は「近代社会」を自分たちの力で手に入れていない。近代社会は急に「鎖国」から急に「進んだ西洋」が入ってきた。「社会」という概念が突然来てしまった。

〇ベネッセの「子どもの教育を考える」調査では、

「親が子どもの将来に対する期待」を聞くと、

日本では、
・友人を大事にする人 70%
・他人に迷惑をかけない人 70%

他の国では、
・自分の家族を大事にしてほしい
・仕事で成功してほしい

※友人を大事にする、他人に迷惑をかけないは10%~20%程度、自分が生きていければいいことしか期待していない。


〇よく考えると「友人を大事にして人に迷惑をかけない生き方は難しい」「窮屈」「友人は財産だけど、時に負債になることもある」。

日本は世間に厳しい社会、「世間に迷惑をかけないで生きよう」と私たちは本当に疑問に思っていない。

〇「世間」て何、「迷惑」って何?ということがあまりよくわからない。

日本の若者の死因の一番は「自殺」。他の国は「事故死」。

〇若者の3分の一は「自殺を考えている」。

〇子供はいないが学生に言うことは、

人から上手に迷惑をかけられる人になりなさい。(ちょっと困った時に手を貸す)

自分も早めに人に迷惑をかける。(初期に消化するのが迷惑はいい。大きな迷惑をかけないためには早い段階で迷惑をかける)

学生からは「迷惑をかけていいんですね先生」と言われる。

〇自殺率の低い自治体は「生き心地のいい町」。「おせっかい」は大事だが、日本は「干渉」の社会だった。「おせっかい」と「干渉」がイコールだった。「おせっかい」と「干渉」を切り離すことは日本人はまだできていない。「おせっかい」だけする。「干渉」と「うわさ」は我慢すること。

〇私たちは、
人に頼ること
日常「ありがとう」「助かります」「うれしい」ということをお互いに伝えること※「自己有用感」と言うようです。

〇相談して「これ以上は話せません」と言った時、「ここまで話したんだから言えよ」と言ったら「干渉」。「深追い」しないこと。


さてさて、どう受け止めたらいいでしょうか。。。。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

ある「地方新聞」の気概 [みんなうすうす気づいている]

今回の築地市場の「豊洲移転話」にはいろいろなお考えや受け止め方がおありだと思います。

とある地方新聞の日曜版に

伏魔殿の教訓」と題して編集局長のコラムが載っています。

興味深い部分を抜き書きしてみました。

〇どうもふに落ちないのは、事ここに至るまで、あまたある中央メディアがこの問題をなぜもっと早く察知できなかったのかという点です。

〇築地と言えば、〇〇市に置き換えるのならさながら◆◆◆の市中央卸売市場。その移転に際し同様の問題が起きたとして、いち早くキャッチできなかったとすれば、〇〇新聞の担当記者はいったい何をしていたのかということになる。

〇知事が交代して指摘するまで分からなかったのか、チェック機能はまひしていたのかと批判にさらされても仕方のないところです。

〇だからこそ求められるのは、報道機関による権力の監視。首都におけるメディアのチェック機能は果たして十分だったのか。

〇◎◎県のどこかにひょっとして誰も知らない危険な大空間が現れていないか。点検と監視を心がけます。

・・・・2016年10月2日(日曜日) 高知新聞「喫水線」より


高知と言えば「坂本龍馬」。

「龍馬」のイメージ同様、みなさんよく議論なさいます。
お酒を飲みながら、熱く語る方が多いようです。

この高知新聞は、前知事退任の引き金を引いた一人でもあります。

頼みますよ!高知新聞!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

「カラオケ」も楽し [一人合点の「いい加減な話」]

知人が「カラオケホール」を開いているので、挨拶に行ったら、歌うことに。。。

店の名前は

「ふれあい!カラオケ広場」


昔々はレストランだったお店を改装して、ステージを作り、モニター画面を何台も置いたお店です。

店の中はと言えば、アラ70と思しき歌うま男女が10人ばかり。。。。


おそらく私が最年少だったはず。

どうやら、最年長は84歳とか。



しばらく、画面を見たり、歌う人を見ていましたが、知人の薦めで歌うことに。。。。


カラオケの何が楽しいかというと、

こういう歌もあったんだ

おとなだからわかる歌詞だな

バックの映像に「ここどこかな?」

等々です。


最近は、宴会もなく、「飲まない宣言」をしていることもあり、まず歌うこともありませんでした。

かれこれ8年くらいになります。


しかし、お集まりの皆さんは歌もうまく楽しそうでした。

こういう健康法もあるのかも!







nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

「こどもを使うCM」って不愉快じゃないですか? [一人合点の「いい加減な話」]


テレビのコマーシャルの中には「こども」を使っているものが見受けられます。

気のせいか、最近は特に多いようです。


皆さんはいかがお感じになりますか?


私ははっきりって「いや」です。


特に、ラップのCMでおかっぱ頭の女の子を「かわいい」というのにはとても違和感があります。


たかがCMですが、好むと好まざるにかかわらず見せつけられるものですから。





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

「福澤心訓」に感銘 [ライフスタイル]


あるところで見かけ、感銘してしまいました。

PA023726②.jpg

こう書いてあるようです。

一、世の中で一番楽しく立派なことは、一生涯を貫く仕事を持つということ
一、世の中で一番惨めなことは、教養のないこと
一、世の中で一番寂しいことは、する仕事のないこと
一、世の中で一番醜いことは、他人の生活を羨むこと
一、世の中で一番尊いことは、人のために奉仕して決して恩に着せぬこと
一、世の中で一番美しいことは、全てのものに愛情を持つこと
一、世の中で一番悲しいことは、嘘をつくこと


※大分県立図書館の見解では、

福澤諭吉作といわれている7カ条の教えで、世の中によく知られていますが、残念ながら偽作とされています。
慶応義塾大学も公式に否定しています。


だれが作ったのかよくわかりませんが、「なるほど」です。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

「ワンダーコア」を買う [一人合点の「いい加減な話」]


買いました!

テレビショッピングでおなじみの「ワンダーコア (スマート)」を。。。

※きっとご覧になったことがあるはずです。

P9283656②.jpg


いくつになっても「若くありたい」とか「スリムでありたい」願望は消えないものです。

数日からテレビを見ながらやっています。


気のせいかおなかの筋肉が固くなったような。。。。。


お店の人の話では、

〇ダイエットには効果は薄い

〇「スマート」はひねり機能がない

〇一部の筋肉だけを鍛える

等々、どちらかと言えばネェガティブなコメントでしたが、

「継続は力」を合言葉に「緩く」頑張ってみようと思う。

※そして騙されてみましょう。。。。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事
メッセージを送る