So-net無料ブログ作成
検索選択

10年前、20年前の「東芝」はどんな企業だったのでしょうね [裏づけのない経営学]


日本を代表する名門企業「東芝」が瀕死の状況のようです。

歴代の経営者からは政府・財界の要職経験者を複数輩出しています。

きっといい企業だったのでしょう。

その時代には「元気がある」とか「儲かっている」とか「優良企業」とか「将来性がある」等々数々の賛辞を得ていた企業だったのだと思います。

素人目には、いわゆる「イケイケドンドン」の企業や「脇が甘い」企業であっても、業績が伴っている時には「明るい」「やる気がみなぎっている」状況に見えてしまいます


しかしながら、こういう企業には「つけを先送りしているようなこと」も多いのかもしれません。

他方、いい企業というのは「ピシッ」とした緊張感が伝わってくるものです


国の状況や地方自治体然り。。。。

「ストイック」な部分もやはり必要かなとあらためて思ってしまいます。


そういえば「アラブの王様」が来日されていました。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事
メッセージを送る