So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

そして「若者」は地元を出ていく [どう受け止めたらいいのか]


3月の終わりごろのことでした。
とある地方都市で高校生のカップルとお話しする機会がありました。
「高校生」というよりも「4月からは大学生になる」というお二人でした。

「どこの大学に行くのですか?」
「〇〇圏です」
二人ともお近くに住むようです。

「学部はどうなの?」
「僕は〇〇学部です」「私は◇◇学部です。」
※よく研究したうえでの進路選択のようでした。


「ところで卒業後は地元に戻ってくるの?」
「僕は戻ってきません」「私も戻ってきません」

「なぜ?」とは聞きませんでした。
彼らの顔を見ていると「ここではもの足りない」とでも言いたそうでした。

ただ「受験勉強」に忙しかった時期だったせいか「地元のこと」には詳しくないようでした。というか彼らには必要なかったようです。


まぁ、4年の月日は長いのでそのうち気が変わったりするのでしょうか。。。。


若い人には「旅」をしてほしい。
ただ、ふるさとを忘れないでほしいし、地方も「戻って来る若者を受け入れる」という施策を意識していただきたい。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。