So-net無料ブログ作成

「担当者変更」というご案内の電話 [どう受け止めたらいいのか]


「担当者が変わりましたのでご挨拶のため電話しました」


ある生命保険会社のセールスレディさんからの電話です。
「訪問したい」と。
なんでも「訪問して契約内容を説明したい」ということのようです。

この保険会社の方からは、時々、忘れた頃にこういうお電話がかかってきます。

当方としては、
●今までの担当は誰だったのだろう?
●特に担当と言う人がいなくても困らなかった
という思いです。

「いつ代わったのですか?」
と聞くと、「今年の1月から」だそうです。


今は6月。
今さらという感じです。


私はこの生命会社のホームページから時々自分の保険の内容は確認していますし、またメールアドレスも登録していますので年に何回かはこの保険会社からメールマガジンのようなものも送られてきます。

ずいぶん昔に入った保険ですし、一度ならず見直しもやったし、給付も受けたことがあります。
「今さらめんどくさいなぁ」
状態です。


「人手不足」時代なのになんだか「間の抜けた電話です」。


「メールでもいただければいいですよ」
と私が言ったものですから、
「アルファベットが並んだやつですよね」
と何やら難しそうな話になってしまいました。

「メールって葉書とか封書のことですよ」
と言うと、「送らせていただきます」と。


この業界の方は、何かと「家を訪問する」とおっしゃいますが、
●当方は困っていない
●よくご担当も変わられるようなのに、家に招きたくない
●家にあげることもない
という状況です。
ご担当とかいう人のお私語を増やすのもどうかと思いますし、失礼な対応で逆恨みでもされたら大変です。

大手保険会社さんは「家を訪問されるリスク」というのはご存じないのでしょうか?
この保険会社は業界トップで信用力抜群の超巨大企業です。
こういうご商売のやり方をいつまでなさるのでしょうか?


今のところ郵便物が来る気配はないようです。




nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント