So-net無料ブログ作成

「大臣」のお仕事は? [少し政治的な話を。。。。]

誰が言ったのか「末は博士か大臣か」。。。

昨日のテレビは、「〇〇大臣に××氏が内定」とか「◇◇氏は〇〇相」などと言うニュース速報が相次いでいました。

誰が大臣になるのか?

に関心が集まっています。


ここのところ毎日のように報道されていた韓国の法相(法務部長官)の人選では、「どんな人なのか?」が話題になっていましたが、日本では「誰がなるか?」にばかり関心が集まっているようです。

韓国の場合、たまたまかもしれませんが「人となり」がクローズアップされたばかりか、「こんな仕事をやる」までが明確になっていました。

さて、日本の大臣ですが、官僚組織のトップであるはずです。
組織を束ねる必要があります
●最終決裁をするからには職務に精通していないといけません

「鶴のように一声鳴く」ことと、ニワトリのように「コレケッコー」と鳴いているだけでは、国会議員でなくても誰でもできてしまうかもしれません。


大臣が変わるたびに「あれやるこれやる」も困りものですが、
組織のそもそもの役目
喫緊の課題の解決
長期的なビジョン
を理解できる人に大臣になっていただきたいものです。

まさか「会合の時に映える」ことが最大のお仕事だったりしたら「おいおい」状態です。


選挙のたびに「投票に行こう」と言われ、「投票した結果」がこれではということのないようにお願いしたいものです。


そういえば、マスコミの皆さんはどういう視点でニュースを流していらっしゃるのでしょうか?
そこのところも気がかりです。




nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント